【卓球】団体・日本男女ともに初戦快勝 インハイ王者・戸上は逆転勝ちでチームに貢献<世界ジュニア2018>

戸上隼輔(野田学園高校)


*写真:戸上隼輔(野田学園高校)/ittfworld

<2018年世界ジュニア卓球選手権大会(ベンディゴ) 2018年12月2日~9日>

3日、世界ジュニア選手権は2日目を迎え、男女団体の本戦がスタートした。日本はシード権を獲得していたため、準々決勝からの登場となった。

日本は男女ともにルーマニアと対戦し、男子は宇田幸矢(12月度世界ランキング94位・17歳)=JOCエリートアカデミー/大原学園=、田中佑汰(同183位・18歳)=愛工大名電高校=、戸上隼輔(同217位・17歳)=野田学園高校=がそれぞれ勝利しマッチカウント3-0のストレートで勝利を飾った。3番手の戸上は2ゲームを先取され、あとがなくなった状況から3ゲームを巻き返し、メンタルの強さをのぞかせた。

女子は大藤沙月(12月度女子世界ランキング58位・14歳)=ミキハウスJSC=、長﨑美柚(同37位・16歳)=JOCエリートアカデミー/大原学園=、木原美悠(同87位・14歳)=JOCエリートアカデミー=がそれぞれ3-1、3-0、3-0と快勝し、準々決勝を突破した。

次戦、準決勝は男子はチャイニーズタイペイと、女子はロシアと対戦予定だ。決勝で中国と相まみえるまで負けが許されない日本。この調子を維持できるか。

世界ジュニア選手権 大会2日目 日本選手の結果

男子団体 準々決勝

<日本 3-0 ルーマニア>
◯宇田幸矢 3-0 SIPOS Rares
11-9/13-11/11-9

◯田中佑汰 3-0 PLETEA Cristian
11-9/11-3/11-9

◯戸上隼輔 3-2 CHIRITA Cristian
7-11/7-11/11-7/11-7/11-8

女子団体 準々決勝

<日本 3-0 ルーマニア>
◯大藤沙月 3-1 DRAGOMAN Andreea
11-5/5-11/11-7/11-4

◯長﨑美柚 3-0 PLAIAN Tania
11-7/11-5/11-7

◯木原美悠 3-0 ZAHARIA Elena
11-8/11-7/11-7

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
戸上隼輔(野田学園高校)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする