【卓球】男女団体ともに決勝進出 中国と頂点を争う<世界ジュニア2018>

宇田


*写真:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/ittfworld

<2018年世界ジュニア卓球選手権大会(ベンディゴ) 2018年12月2日~9日>

4日、世界ジュニアは大会3日目の日程を終えた。男女団体は準決勝が行われ、日本チームは男女共に勝利。5日の決勝で男女ともに中国との対戦が決まった。

準決勝、男子はチャイニーズタイペイとの対戦。日本は準々決勝と同じく宇田幸矢(12月度男子世界ランキング94位・17歳)=JOCエリートアカデミー/大原学園=、田中佑汰(同183位・18歳)=愛工大名電高校=、戸上隼輔(同217位・17歳)=野田学園高校=の3人が出場した。

トップの田中がLI Hsin-Yang(同312位・18歳)との接戦を落とすが、宇田、戸上が連勝。最後は4番手で宇田とLiの対戦。2度のデュースにもつれる接戦を制して、日本の勝利を決めた。宇田はこの1戦のあと、ツイッターを更新し、「台北戦緊張した…ほんとに勝てて良かった(^^)」と安堵のコメントとともに、ゲームカウント2-2、10-10という緊迫した場面の動画もアップしている。

女子はロシアとの対戦。メンバーは準々決勝から変更し、木原美悠(12月度女子世界ランキング87位・14歳)=JOCエリートアカデミー=の代わりにカットマンの相馬夢乃(同128位・16歳)=遊学館高校=が出場した。

一番手の長﨑美柚(同37位・16歳)=JOCエリートアカデミー/大原学園=が最終ゲーム14-12の接戦をものにすると、続く相馬、大藤沙月(同58位・14歳)=ミキハウスJSC=も勝利。ストレートで決勝進出を決めた。

5日の決勝は男女ともに中国との対戦となる。日本×中国の決勝は、男子は2年連続、女子は3年連続だ。男女ともに2016年以来の優勝を目指す決勝は、日本時間5日、女子が日本時間15:00、男子が17:00にスタートする。

世界ジュニア選手権 大会3日目 日本選手の結果

男子団体 準決勝

<日本 3-1 チャイニーズタイペイ>
田中佑汰 2-3 ○Li Hsin-yang
9-11/11-7/7-11/12-10/8-11

○宇田幸矢 3-1 FENG Yi-Hsin
11-3/11-8/8-11/11-6

○戸上隼輔 3-1 TAI Ming-Wei
11-2/9-11/11-5/11-7

○宇田幸矢 3-2 Li Hsin-Yang
16-14/8-11/8-11/11-7/12-10

女子団体 準決勝

<日本 3-0 ロシア>
○長崎美柚 3-2 TAILAKOVA Mariia
11-6/2-11/11-9/12-14/14-12

○相馬夢乃 3-0 KOLISH Anastasia
13-11/11-3/11-5

○大藤沙月 3-1 KAZANTSEVA Kristina
11-5/11-3/9-11/11-2

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
宇田
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする