15歳長崎美柚、世界卓球後初ツアーで白星スタート【ITTFワールドツアー・香港オープン女子結果】


*写真は世界卓球2018日本代表の公開練習に参加した長崎美柚(JOCエリートアカデミー)
<2018年5月22日〜5月27日 ITTFワールドツアー・香港オープン (ハンセン)>

2018年香港オープン 大会1日目までの結果

5月22日から5月27日にかけてITTFワールドツアー・香港オープンがハンセンで行われている。

日本からは石川佳純、平野美宇、伊藤美誠、佐藤瞳、早田ひな、加藤美優、長﨑美柚、木原美悠、大藤沙月、塩見真希、相馬夢乃、森さくら、橋本帆乃香、芝田沙季、浜本由惟、前田美優の16名の女子選手が出場する。

大会1日目はシングルス予選、ダブルス予選、U21シングルス決勝トーナメントが行われた。

15歳の逸材プレーヤー長﨑美柚が世界卓球後初ツアー参戦

長﨑美柚(5月度世界ランキング68位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が、世界卓球後初めてワールドツアーに登場した。

世界選手権で、先輩である石川佳純、平野美宇、伊藤美誠の活躍を間近で応援し続け、刺激を受けた15歳の逸材はどこまで勝ち上がることができるのか。

女子シングルス初戦は現地香港の選手に4-2で勝利し、JOCエリートアカデミーの13歳のホープ、木原美悠(同86位)と組んだ女子ダブルスでは世界選手権で平野美宇と対戦したAソルヤ(同93位・オーストリア)のペアをストレートで圧倒し、年齢こそまだまだ若いが、経験値の豊富さを世界に示した。

また、長崎はU21の決勝トーナメント2回戦も地元香港の選手を撃破。3回戦に難なく進出。若返りが激しい日本女子から目が離せない。

2018年香港オープン:主な日本女子選手の結果

女子シングルス予選トーナメント

<1回戦>
森さくら 2-4 林依諾(中国香港)
11-5/7-11/12-10/8-11/9-11/6-11

塩見真希 4-0 HAWWA Kharisma Nur(インドネシア)
11-4/11-5/11-5/11-5

長﨑美柚 4-2 周穎詩(中国香港)
10-12/11-6/8-11/15-13/11-8/11-6

芝田沙季 4-0 SOLJA Amelie(オーストリア)
11-8/13-11/11-3/11-9

前田美優 4-0 劉麒(中国香港)
11-6/11-8/11-5/11-3

木原美悠 4-1 LUNG Lisa(ベルギー)
11-6/11-7/7-11/11-9/13-11

浜本由惟 0-4 何卓佳(中国)
9-11/7-11/9-11/9-11

橋本帆乃香 4-2 大藤沙月
11-5/7-11/11-5/5-11/12-10/11-8

女子ダブルス予選トーナメント

<1回戦>
木原美悠/長﨑美柚 3-0 MISCHEK Karoline/SOLJA Amelie(オーストリア)
11-7/11-8/11-5

女子U21決勝トーナメント

<1回戦>
橋本帆乃香 3-1 崔孝珠(韓国)
3-11/11-7/11-8/11-6

塩見真希 1-3 相馬夢乃
10-12/9-11/11-6/10-12

佐藤瞳 3-0 麦子詠(中国香港)
11-5/11-6/11-5

大藤沙月 0-3 何卓佳(中国)
5-11/6-11/2-11

<2回戦>
芝田沙季 3-0 劉麒(中国香港)
11-3/11-4/11-7

長﨑美柚 3-1 李嘉宜(中国香港)
11-8/10-12/11-8/11-8

橋本帆乃香 3-0 方思涵(チャイニーズタイペイ)
11-2/11-1/11-6

相馬夢乃 0-3 陳可(中国)
6-11/9-11/13-15

木原美悠 3-0 ZARIF Audrey(フランス)
11-6/11-6/11-8

佐藤瞳 3-0 周穎詩(中国香港)
11-4/11-7/11-7

文:ラリーズ編集部
写真:田村翔/アフロスポーツ

関連リンク

“みうみま”のみうちゃんに意外なアスリート達との交友関係が!
【特集:東京2020期待の星】打倒中国の切り札!?全日本ジュニア女王、長崎美柚
【今日の1試合】誰もが惚れる15歳 長崎美柚(ミユウ)のボールタッチ|卓球動画
【今日の1試合】勝負を分けた長崎の「閃き」とは|卓球動画
私のネット際 ~河合秀文(明石S.U.C.代表取締役社長)〜インタビュー「プロフェッショナルと卓球」

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする