張本の同年代ライバル、宇田幸矢が好発進【ITTFワールドツアー・香港オープン男子結果】 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2018.05.23

張本の同年代ライバル、宇田幸矢が好発進【ITTFワールドツアー・香港オープン男子結果】

*写真は2018年全日本選手権ジュニア男子の宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)
<2018年5月22日〜5月27日 ITTFワールドツアー・香港オープン (ハンセン)>

2018年香港オープン 大会1日目までの結果

5月22日から5月27日にかけてITTFワールドツアー・香港オープンがハンセンで行われている。

日本からは松平健太、大島祐哉、吉村真晴、上田仁、?田雅己、宇田幸矢、金光宏暢、森薗政崇、木造勇人、吉村和弘、松山祐季、松平賢二、髙見真己、平野友樹の14名の男子選手が出場する。

大会1日目はシングルス予選、ダブルス予選、U21シングルス決勝トーナメントが行われた。

張本の同年代ライバル、宇田幸矢が好スタート

宇田幸矢(5月度世界ランキング151位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が男子シングルス予選リーグでフランスの選手に4-1で勝利し、好スタートを切った。
宇田は、張本智和(同10位・JOCエリートアカデミー)の2つ上で、今年の全日本選手権のジュニアの部決勝で対決している。お互いJOCエリートアカデミー所属で、ライバルのような存在だ。

宇田は先日のタイオープンでは、郡山北斗に2回戦で敗北し、振るわなかったが、今回はどこまで勝ちあがれるか注目が集まる。

平野友樹(5月度世界ランキング221位・協和発酵キリン)が松平賢二(同139位・協和発酵キリン)との同士討ちをストレートで制した。その二人が組んだダブルス予選トーナメントでは、フルゲームでインドネシアのペアに勝利し、2回戦に進出している。

2018年香港オープン:主な日本選手の結果

男子シングルス予選トーナメント

<1回戦>
宇田幸矢 4-1 BROSSIER Benjamin(フランス)
11-6/6-11/11-4/11-8/11-9

松山祐季 1-4 ZHAI Yujia(デンマーク)
11-9/6-11/7-11/10-12/9-11

髙見真己 4-3 DESAI Harmeet(インド)
8-11/13-11/11-6/6-11/12-10/5-11/11-8

吉村和弘 4-0 TROMER Laurens(オランダ)
11-9/11-7/11-9/11-9

平野友樹 4-0 松平賢二
11-1/11-7/11-8/11-4

男子ダブルス予選トーナメント

平野友樹/松平賢二 3-2 NEGARA Muhammad/SANTOSO Ficky(インドネシア)
11-9/11-7/10-12/8-11/11-6

男子U21シングルス決勝トーナメント

<1回戦>
宇田幸矢 3-1 LIM Jonghoon(韓国)
11-9/11-7/4-11/11-5

金光宏暢 1-3 NIU Guankai(中国)
8-11/6-11/11-7/12-14

松山祐季 3-0 CHERNOV Konstantin(ロシア)
11-2/11-1/11-2

髙見 真己 1-3 XU Haidong(中国)
6-11/11-7/12-14/7-11

木造勇人 3-0 FENG Yijun(アメリカ)
11-5/11-8/11-7

<2回戦>
宇田幸矢 3-1 JHA Kanak(アメリカ)
7-11/11-6/11-7/11-7

松山祐季 2-3 趙勝敏(韓国)
11-7/5-11/6-11/11-6/9-11

木造勇人 3-1 ABUSEV Artur(ロシア)
11-6/11-9/5-11/11-6

文:ラリーズ編集部
写真:アフロスポーツ

コメント
0
男子ランキング
2019.08.23
世界
日本
1
許キン(中国)
15980 pt
2
樊振東(中国)
15470 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13495 pt
2
丹羽孝希(日本)
10800 pt
3
水谷隼(日本)
10695 pt
女子ランキング
2019.08.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15380 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
石川佳純(日本)
13608 pt
2
伊藤美誠(日本)
12735 pt
3
平野美宇(日本)
11965 pt
SNS
FOLLOW US