13歳の新星がシニアを圧倒 快調な滑り出し【ITTFチャレンジ・タイオープン結果】


*写真は2017ITTFワールドジュニアサーキット香港大会の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)
<2018年5月16日〜5月20日 ITTFチャレンジ・タイオープン (バンコク)>

2018年タイオープン 大会1日目の結果

5月16日から5月20日にかけてITTFチャレンジ・タイオープンがバンコクで行われている。本大会には総勢17名の日本人選手がエントリーした。

男子は森薗政崇、田添健汰、及川瑞基、宇田幸矢、神巧也、三部航平、郡山北斗、田中佑汰、田添響の9名が出場。女子は佐藤瞳、橋本帆乃香、芝田沙季、浜本由惟、小塩遥菜、塩見真希、森薗美月、大藤沙月の8名が出場している。

大会1日目は男子予選リーグ、女子予選リーグ、男子ダブルス予選トーナメントが行われた。

日本男子勢シングルスはいずれも完勝、ダブルスは田中・宇田ペアが惜敗

田添響(5月度世界ランキング406位・専修大学)、田中佑汰(同405位・愛工大名電高校)、郡山北斗(同580位・専修大学)が登場し、3名とも相手を寄せ付けず快勝。

男子ダブルスでは張本の同世代として注目される宇田と、愛工大名電の田中ペアが中国の頼佳新・楊勝に惜敗、ここで姿を消すことになった。

13歳の新星、小塩は初戦競るも快調な滑り出し

去年の東アジアホープス大会でシングルス・団体で2冠を取った期待の13歳、小塩遥菜(5月度世界ランキング456位・JOCエリートアカデミー)が登場。

初戦の蘇珮綾(チャイニーズタイペイ)こそやや競ったものの、周穎詩(中国香港)との試合では終始圧倒。

13歳がシニアの試合でどこまで勝ちあがれるか、注目だ。

2018年タイオープン:主な日本選手の結果

男子シングルス予選リーグ

郡山北斗 4-0 YU Zong Jun Gerald(シンガポール)
11-4/11-7/11-5/11-8

郡山北斗 4-0 宋信科(中国)
11-6/11-9/11-7/11-9

田中佑汰 4-0 PERMAN Oscar(スウェーデン)
11-2/11-3/11-1/11-4

田中佑汰 4-1 徐廷和(韓国)
9-11/11-2/11-9/11-5/12-10

田添響 4-0 DE NODREST Leo(フランス)
15-13/11-7/11-5/11-4

女子シングルス予選リーグ

小塩遥菜 4-2 蘇珮綾(チャイニーズタイペイ)
11-6/4-11/11-9/5-11/11-8/11-9

小塩遥菜 4-0 周穎詩(中国香港)
11-8/11-3/11-4/11-5

男子ダブルス予選トーナメント

郡山北斗/及川瑞基 3-2 DE NODREST Leo/ROLLAND Jules(フランス)
9-11/11-2/11-3/3-11/11-8

田中佑汰/宇田幸矢 2-3 頼佳新/楊勝(中国)
11-8/6-11/5-11/11-8/13-15

文:ラリーズ編集部
写真:写真:Imaginechina/アフロ

関連リンク

ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝戦が開幕 水谷擁するオレンブルグは黒星スタート【ECL2017/2018決勝】
【シリーズ/徹底分析】石川佳純vsキムソンイ〜絶体絶命のピンチで石川が選択した2つの戦略とは〜【世界卓球2018】
【2018年5月】今月の主要な卓球大会の予定と見どころ
【卓球・Tリーグ】森薗、吉田、吉村…「岡山リベッツ」の全容が明らかに
福原愛の夫・江宏傑の戦績は?Tリーグ・琉球アスティーダで活躍なるか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする