期待の13歳・小塩遥菜がジュニア・カデット単で世界ベスト4<卓球・ジュニアサーキット香港大会 女子結果>


*写真は2017ITTFワールドジュニアサーキット香港大会の小塩 遥菜(JOCエリートアカデミー)

<ITTFジュニアサーキット香港大会(ハンセン)、2018年8月1日〜5日>

1日から5日にかけてITTFジュニアサーキット香港大会がハンセンにて開催され、ジュニア(18歳以下の部)・カデット(15歳以下の部)の2部門で世界各国のホープたちがしのぎを削った。

ジュニア女子、カデット女子のシングルスには期待の13歳、小塩遥菜(U18世界ランキング61位・JOCエリートアカデミー)が登場し、両部門でベスト4に入賞した。ジュニア女子準決勝では2017年世界ジュニア選手権女子シングルス3位の銭天一(中国)に食らいつくもゲームカウント1-4で敗れた。

カデット女子シングルスでは赤江夏星(U18世界ランキング74位・貝塚市立第二中)が決勝に進出する健闘を見せたが、決勝で今年3月に開催されたITTFジュニアサーキット・イタリアオープン女子カデット優勝の陳熠(中国)に敗れ準優勝となった。

ジュニアサーキット香港大会 女子結果

ジュニア女子シングルス

<優勝>
石洵瑶(中国)

<準優勝>
銭天一(中国)

<ベスト4>
小塩遥菜、蘇珮綾(チャイニーズタイペイ)

カデット女子シングルス

<優勝>
陳熠(中国)

<準優勝>
赤江夏星

<ベスト4>
小塩遥菜、楊屹韵(中国)

ジュニア女子団体

<優勝>
中国

<準優勝>
チャイニーズタイペイ

<ベスト4>
中国香港A、シンガポールB

カデット女子団体

<優勝>
中国

<準優勝>
チャイニーズタイペイ

<ベスト4>
中国香港A、中国香港B

文:ラリーズ編集部
写真:Imaginechina/アフロ

関連リンク

松島輝空らがカデット団体世界2位<卓球・ジュニアサーキット香港大会 男子結果>
【卓球】東アジアホープス2017金メダルの13歳・小塩遥菜がVICTASと契約
韓国OP優勝の朱雨玲が1位キープ|女子世界ランキング(8月最新発表)
張本智和が6位 自己最高をまたも更新|男子世界ランキング(8月最新発表)
【卓球】最強の称号はどちらの手に アジアvsヨーロッパオールスターに丹羽孝希が登場

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする