【卓球】石川画伯、20秒パンダチャレンジに登場 可愛いタッチのパンダを公開


9月29日、国際卓球連盟(ITTF)のオフィシャルチャンネルにて、ワールドカップのプロモーション企画として“Draw A Panda Challenge”という企画動画が公開され、日本から石川佳純が登場した。

20秒の制限時間でパンダを描く“Draw A Panda Challenge”では複数の女性選手に混ざって石川が登場した。

石川佳純の挑戦は0:47頃から

途中、「うんっ!?」と頭を捻りながら左手でパンダを書き進めていく。制限時間いっぱいまでパンダを描いた“石川画伯”は思わず突っ伏して「やばーい!!」と爆笑。

「じゃーん!」という掛け声とともに発表されたパンダは…なんとも表現できない味わいだ。ぜひ動画でチェックしてほしい。

文:ラリーズ編集部
写真:アフロスポーツ

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする