【卓球】丹羽孝希が再びトップ10入り|男子世界ランキング(10月最新発表)


*写真は丹羽孝希(Tリーグ・琉球アスティーダ)

昨年9月分のポイントが失効

国際卓球連盟から10月最新の世界ランキングが発表された。9月はアジア大会以外に大きな大会がなく、アジア大会参加選手以外ではポイント加算はほとんどない。昨年9月のアジアカップ、オーストリアOPなどのポイントの失効によって順位の変動があった。

ランキングトップは樊振東(中国)。4月から7か月連続の1位だ。昨年9月のアジアカップ、オーストリアOPでともに優勝した林高遠(中国)は、その2大会分のポイントが失効となった。そのため先月の3位から5位に順位を下げた。

全体としては、今月は大きな順位変動はなかった。

日本トップは張本智和 丹羽孝希は6月以来のトップ10入り

日本男子トップは先月と変わらず張本智和の8位。先月11位の丹羽孝希は一つ順位を上げて10位に。6月以来のトップ10入りだ。つぎに水谷隼の12位とつづく。

松平健太はアジア大会でベスト8だったが、昨年のオーストリアOPベスト8の分のポイントが失効となったため23位から29位に落ちた。上田仁はアジア大会でベスト8に入り、その分のポイントが加算され47位から37位に順位を上げた。

10月はワールドカップやワールドツアー2大会があり、ランキングも変動するだろう。注目だ。

男子世界ランキングトップ10

1(1) 樊振東(中国)  17001
2(2)  許昕(中国)  15610
3(4) ボル(ドイツ)  15025
4(3) オフチャロフ(ドイツ)  14375
5(5) 林高遠(中国)  14296
6(6) 馬龍(中国)  13950
7(7) 李尚洙(韓国)  13374
8(8) 張本智和(日本)  13314
9(9) 黄鎮廷(香港)  12969
10(11) 丹羽孝希(日本)  12151
※選手名右の数字はランキングポイント ()内は先月世界ランキング

日本男子世界ランキング(50位まで)

8(6) 張本智和  13314
10(11) 丹羽孝希  12151
12(12) 水谷隼  11910
27(27) 吉村真晴  9591
28(28) 大島祐哉  9568
29(23) 松平健太  9473
37(47) 上田仁  8576
40(38) 森薗政崇  8265

文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする