【卓球・Tリーグ】上田仁が岡山リベッツに正式加入 


6月21日、上田仁(6月度世界ランキング23位・シェークハンズ)がTリーグに参加表明している岡山リベッツに正式に加入することが決まった。

上田は、2014年全⽇本選⼿権シングルス3位、2017年全⽇本社会⼈選⼿権シングルス優勝、第21回ジャパントップ12優勝、2018年全⽇本選⼿権ダブルス2位と国内で結果を残しながら、今年開催された卓球ワールドチームカップで⽇本代表として6勝(1敗)をあげ、決勝進出の立役者となったことで世界にその名を馳せる選手である。

また、7月2日に岡山リベッツの会見があり、上田の正式加入を発表するとともに、外国人選手の発表もあるという。

岡山リベッツには森薗政崇(6月度世界ランキング55位・FPC)、吉田雅己(同27位・FPC)、吉村和弘(同75位・愛知工業大学)の所属が決まっている。さらに上田が加わることでどんな化学反応が起きるのか。期待が高まる。

上田仁選手のコメント

この度ご縁があって岡山リベッツにに所属できる事になり、⼤変光栄に思っております。

岡⼭県から⽇本を代表し世界で戦える選⼿となれるよう、競技力向上は勿論ですが岡⼭の皆様と共に岡⼭を盛り上げたいと思っております。

よろしくお願いいたします。

文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭

関連リンク

【卓球Photo Story】〈仕事人〉上田仁。雑草から這い上がった男はなぜプロへと転向したのか
日本リーグのエース、上田仁、プロ宣言。「転機となったゴジとの1試合」
チームワールドカップ韓国戦、大逆転劇の裏側で上田仁が迎えた“2つの山場”
『僕は卓球エリートではない』 上田仁“雑草”からの成り上がり
【卓球・Tリーグ】森薗、吉田、吉村…「岡山リベッツ」の全容が明らかに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする