Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.12.23

【卓球・Tリーグ】平野・早田不在の日本生命が5度目の大阪ダービー制す <12/22日本生命 vs ニッペM>


写真:前田美優(日本生命レッドエルフ) 提供:T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 12月22日(土)貝塚市立総合体育館>

22日、Tリーグ女子の日本生命レッドエルフが日本ペイントマレッツを3−1で下した。ともに大阪に本拠地を置く両チームの5度目の対戦は、ホームの日本生命が主力の平野美宇と早田ひなを欠く中、中国出身の蒋の単複2勝に加え、好調の前田美優が当たりを見せて勝利を決めた。

好調・前田美優のライン際への見事なコース取りを見よ(全試合ダイジェスト映像)

チームの勝利が無くなった日本ペイントだったが、4番でエースの加藤美優が得意の高速ラリーに持ち込み、意地の1勝を挙げた。

これにて両チームの対戦成績は日本生命レッドエルフの4勝1敗となった。

日本生命レッドエルフ vs 日本ペイントマレッツ 各マッチの解説

1番:常 晨晨/蒋 慧 2-1 加藤 美優/松平 志穂

日本ペイント加藤/松平ペアは、初のペアリングとは思えないコンビネーションの良さで1ゲームを先取する。ともに右利きでしゃがみ込みサーブから前陣で攻撃するスタイル同士の両者が見事に噛み合った。

しかしながら、日本生命ペアが2ゲーム目から圧倒的な強さを見せる。Tリーグのダブルスで最高勝利数を誇るサウスポーの常がチャンスメイクし、右利きでパワーのある蒋が決める展開で2ゲームを連取。幸先のいいスタートを切った。

2番:前田 美優 3-1 李 皓晴

前田美優(12月の世界ランキング173位)が格上の李(同27位)を下す金星を挙げ、嬉しいシングルス2勝目を挙げた。11月20日の対戦でも李に勝利していた前田は試合後のヒーローインタビューで「自分を抑えながらプレーできた」とはやる気持ちを抑えて落ち着いてプレーできたことが勝因であったことを明かした。

丁寧なラリーで得点を重ねるタイプの両選手の試合は、序盤から何本も高速ラリーが続く好ゲームだった。李が前田のミドルを攻め、勝機を探るも、前田は落ち着いてフォアハンドで処理し、試合を通じて優勢を保った。要所で左右のサイドラインギリギリへ広角に打ち分けるフォアハンド攻撃が光った。

3番:蒋 慧 3-0 相馬 夢乃

今年の世界ジュニア3位で16歳のカットマン相馬がTリーグデビューを果たした。

試合巧者の蒋は相馬を前後に揺さぶり、決定打をミドルに集める王道のカット打ちで相馬を攻略。相馬も広い守備範囲を誇るカットと要所でのスマッシュでの得点により3ゲームともデュースとなる大接戦を演じた。

結果的には各ゲーム終盤で勝負強さを見せた蒋がストレートで勝利。経験の差を見せ、ダブルスに続く2勝を挙げ、日本生命の勝利を決めた。

4番:陳 思羽 0-3 加藤 美優

世界ランク22位の加藤と24位の陳(台湾)のハイレベルな対戦。

チームの負けが決まり、逆に開き直りを見せた加藤が持ち味である前陣での早いラリーを制し、チームのエースとしての意地を見せた。

特に陳のサーブに対し、加藤は回転量の多いチキータレシーブから、得意の早いテンポのラリーに持ち込む展開で得点を重ねた。

12/22 日本生命レッドエルフ 3-1 日本ペイントマレッツ

◯常 晨晨/蒋 慧 2-1 加藤 美優/松平 志穂
5-11/11-6/11-8

◯前田 美優 3-1 李 皓晴
12-10/11-5/10-12/11-9

◯蒋 慧 3-0 相馬 夢乃
12-10/12-10/12-10

陳 思羽 0-3 ◯加藤 美優
10-12/8-11/6-11

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」