Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.12.24

【卓球・Tリーグ】石川佳純、連夜の圧勝で神奈川首位キープ<12/23 KA神奈川vsマレッツ>


*写真:浜本由惟(木下アビエル神奈川)/撮影:飯塚さき

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 12月23日(日)アリーナ立川立飛>

12月23日、アリーナ立川立飛で、木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)は日本ペイントマレッツ(以下、マレッツ)と対戦。ホームのKA神奈川の選手たちのパネルや旗が設置され、試合開始前から盛り上がる会場には、995人のファンが詰めかけた。女子大生アイドル「カレッジコスモス」による応援ソングがエンドレスリピートされるなか、首位に立つKA神奈川のマレッツとの試合が幕を開けた。


写真:クリスマスイブ前夜。選手たちがサンタに仮装し、ファンにボールをプレゼント/撮影:飯塚さき

12/23 KA神奈川vsマレッツ 各マッチの解説

1番:長﨑美柚/木原美悠 2-0 加藤美優/松平志穂

長崎美柚(左)と木原美悠
写真:長崎美柚(左)と木原美悠/撮影:飯塚さき

コートに対峙した4選手中3名が「MIYU」という、珍しい対決となった第1マッチ。序盤から丁寧なラリーが続く。加藤・松平ペアのほうに細かなミスが目立ち、1ゲーム目をKA神奈川が先取。続く2ゲーム目も、長崎・木原の鮮やかなラケットさばきが光り、相手のミスを誘発しながら11-5と圧倒した。

「のびのびプレーできたところがよかった」と、まだ高校生の長崎。「Tリーグは強い選手しかおらず、私たちはまだ経験も浅いのですが、これから頑張っていきたいです」と語り、最後は二人でファンに感謝の意を述べた。

2番:浜本由惟 3-2 相馬夢乃

浜本由惟(木下アビエル神奈川)
写真:浜本由惟(木下アビエル神奈川)/撮影:飯塚さき

攻撃の浜本とカットの相馬の熾烈な攻防を見よ(ダイジェスト動画)

天然キャラと美しいルックスで人気の浜本は、カットマンの相馬と対戦。粘り強いカットを見せつけられるも、鮮やかかつ精度の高いドライブで応戦。高い投げ上げサーブを繰り出すと、会場を沸かせた。対する相馬も、相手のミスを誘い粘り強さを見せるが、1ゲーム目は7点を取るにとどまった。

2ゲーム目は、浜本のミスが続いて相馬が4連続得点。落ち着いたカットさばきが光った。浜本も力強いドライブ・スマッシュと、前後への鋭い揺さぶりで応戦し、後半は追い上げを見せたが、ここは相馬のゲームとなった。

3ゲーム目は序盤から相馬が好調。前後左右へ揺さぶる浜本のドライブをもろともせず、落ち着いて返し続ける。3点を奪われた浜本がタイムアウトを取り、監督のアドバイスを受けて追い上げを図る。その後は相馬が鋭いコースのスマッシュが多く決まり、順調に得点を重ねていく。最後は9-6の劣勢から5本連取。意地を見せてこのゲームをもぎ取った。

4ゲーム目、ホームの大応援団の声援を受け、序盤は浜本が圧倒。鋭いコースをつき、力強いスマッシュが次々と決まる。このゲームは浜本が制し、ついに最終ゲームにもつれ込んだ。

6-6から始まる最終ゲーム。緊張感の高まる中でも、両者攻めの姿勢を崩さない。8-6から8-8に追いつかれた相馬がタイムアウトを取るも、浜本の強烈なスマッシュに体勢を崩され、最後は浜本が勝利を決めた。

試合後、浜本は「大変な場面があり、焦りもあったけれど最後まで打ててよかった。相手はフォアハンドが粒(回転の変化の大きい粒高ラバー)だったので、対応に苦労しましたが、ラリーをあえて長引かせることで相手にも焦りが出ると思いました」と、冷静に対応したことを明かした。

3番:袁雪嬌 0-3 加藤美優

加藤美優(日本ペイントマレッツ)
写真:加藤美優(日本ペイントマレッツ)/撮影:飯塚さき

世界ランク22位の加藤が、中国スーパーリーグでも活躍し、Tリーグ女子シングルス最多勝の袁と対峙。初球に袁のサーブミスがあり、加藤が波に乗る。高速ラリーに会場がどよめき、両者譲らぬ展開に。袁の力強い打球にひるむことなく、加藤が正確にレシーブを決める。袁も意地を見せジュースにまでもつれ込むも、最後は加藤が連続得点を決めた。

2ゲーム目も気迫にあふれる両者。気迫の高速ラリーが続く。その華奢な体からは想像もつかないほど力強い打球を見せる加藤。袁の鋭いレシーブに驚き、続くサーブでミスをする場面も見られたが、それでも攻めの姿勢を崩さずに食らいついていく。最後は落ち着いて2セットを先取した。

続く3ゲーム目も、加藤の勢いが止まらない。袁の打球をもろともせずに攻めていく。途中袁がタイムアウトを取り、落ち着いたところで徐々に応戦。6-6に追いつくと、一進一退の攻防となり、このセットもジュースに。しかし、加藤の勢いを止めることはできず、彼女のガッツポーズと晴れやかな笑顔で試合が終了した。

日本ペイントマレッツの三原監督は、「ダブルスで負けた後、加藤はすぐに練習をしました。そこで気合が入り、加藤らしい卓球ができたのが勝因だと思います」と分析。加藤本人は、「自分がとらなくてはいけない、チームを背負っているという責任感や自信が、勝利につながったと思います」と、力強く答えた。

4番:石川佳純 3-0 李皓晴


写真:石川佳純(木下アビエル神奈川)/撮影:飯塚さき

人気・実力ともに日本女子卓球界をリードする石川佳純が、本拠地で李を迎え撃つ。絶対女王は、1セット目から圧巻のパフォーマンスを見せた。スマッシュ合戦となった最終ラリーでは、李も粘り強く応戦したが、石川を上回ることはできず、試合時間わずか数分で石川が制す形となった。

2ゲーム目の初球。石川が何度も大きくロビングを返して会場が沸く。このラリーは李の得点となったが、その後も石川は圧倒的な力の差を見せつける。力強く、かつ丁寧に繰り出される打球の数々。李もそれに食らいついていき、粘りを見せたが、世界ランク3位に君臨する石川からゲームを奪取するには至らなかった。

3ゲーム目序盤は李が連続得点を決める。それでも、石川は落ち着いて相手を見ていた。崩さない攻めの姿勢。ガッツポーズと声にも、気持ちの強さがうかがえる。李が中盤タイムアウトを取るが、石川有利の流れは変わらなかった。あっという間にマッチポイントを奪ってゲームセット。圧巻のストレート勝ちでKA神奈川の勝利を決めた。

試合後、石川は報道陣に対し、晴れやかな笑顔を見せた。「今日もいい試合ができました。2ゲーム目は少し荒くなったけれど、しっかり立て直して攻めていけました」と、調子のよさを振り返る。Tリーグについては、「日本で初めてのプロリーグ。タイトなスケジュールですが、しっかり準備をして臨むことが、見に来ていただいたお客さんに対する最低限の責任です。この時期に(1月の)全日本(選手権)と同じボール、同じ台でたくさん試合が出来て、ありがたいと感じています」。2019年も見据えて前を向くプロフェショナルな姿勢が垣間見えた。

12/22 木下アビエル神奈川 3-1 日本ペイントマレッツ

◯長﨑美柚/木原美悠 2-0 加藤美優/松平志穂
11-6/11-5

◯浜本由惟 3-2 相馬夢乃
11-7/6-11/9-11/11-5/11-9

袁雪嬌 0-3 加藤美優〇
10-12/9-11/11-13

◯石川佳純 3-0 李皓晴
11-2/11-7/11-9

文:飯塚さき

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」