Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2019.08.31

【卓球・Tリーグ】神奈川が開幕白星スタート 石川「この場に自分がいなきゃと思った」

石川佳純(KA神奈川)

写真:石川佳純(KA神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 8月30日(金)大阪府立体育会館>

30日、ノジマTリーグ2019-2020シーズンの開幕戦、昨年王者の日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)を木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)が3-2で下し、幸先の良いスタートを切った。男子の開幕戦同様、ビクトリーマッチ(1ゲーム限りの延長戦。以下、VM)までもつれた大熱戦となった全試合を振り返る。
>>【最新版】Tリーグの特別ルール “原則デュースなし”など大幅な変更点も

1番:陳思羽/前田美優 1-2 長﨑美柚/木原美悠

長﨑美柚/木原美悠
写真:長﨑美柚(左)/木原美悠(KA神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

記念すべき開幕戦1番のダブルス。日本生命は昨シーズンベストペア賞を獲得した常晨晨(チャンチェンチェン)、蒋慧(ジャンホイ)の両選手が退団し、今季は陳思羽(チェンズーユ)/前田美優(ともに日本生命)の新ペアを結成した。一方のKA神奈川はワールド・ツアーでも結果を残す長﨑美柚/木原美悠を起用した。長﨑/木原は6月のジャパンオープンで世界卓球ダブルス優勝の中国ペアを追い詰めるなど成長著しい。

勝負はゲームカウント1-1とし、特別ルールで6-6からスタートする第3ゲームへ。最後はエッジボールでの得点など運も味方につけた長崎/木原が勝利を掴んだ。

>>長崎・木原組、世界1位中国ペアに惜敗 長崎「次は絶対勝ちたい」<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯>

2番:田志希 3-2 杜凱琹

田希志(日本生命)
写真:田希志(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

続く2番のシングルスでは、昨シーズントップおとめピンポンズ名古屋でプレーし、先日加入が発表されたばかりの田志希(チョンジヒ・日本生命)と昨シーズン5勝の香港代表・杜凱琹(ドゥホイカン・KA神奈川)が対戦。

第1ゲームは田志希が得意のサーブで相手を寄せ付けず奪取。続く第2・第3ゲームは、いずれも杜凱琹が11-10で制す。最終ゲーム以外はデュースの無い新ルールに苦しめられた田志希だったが、第4ゲームを後半の5連続ポイントなどで奪うと、勢いそのままに第5ゲームを取り、嬉しいTリーグ初勝利を飾った。

3番:早田ひな 3-1 木原美悠

早田ひな(日本生命レッドエルフ)
写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

3番では昨シーズン全勝とTリーグで無類の強さをみせる早田ひな(日本生命)とダブルスを勝利し勢いに乗る木原の対戦となった。

第1・第2ゲームは早田が豪快なフォアハンドドライブを見せて奪う。木原も意地を見せ、第3ゲームを奪い返すも、地力に勝る早田が3-1で勝利した。
早田は試合後「(木原は)勢いのある選手。第1ゲームの入りもうまくいった。最近いい試合が出来る時は1ゲーム目が良い」とコメントした。
>>【完全保存版・卓球】早田ひな(日本生命)のかわいいオフショット記事まとめ

4番:森さくら 1-3 石川佳純

森さくら(日本生命レッドエルフ)
写真:石川を苦しめた森さくら(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

後が無くなったKA神奈川はここで、昨シーズン後期MVPの石川佳純(KA神奈川)を投入。石川も「オーダーは前半だと思っていたけど後半だった。回ってきたら絶対勝とうと思っていた」と意気込む。一方の日本生命は地元大阪出身の森さくら(日本生命)を起用した。

王手を懸けられ絶対に負けられない石川だったがミスもありなかなか流れを掴むことができない。一方の森は得意のサーブと思い切りのよいラリーで石川を苦しめる。第1ゲーム、石川が先にゲームポイントを迎えたが、そこから森に3連続ポイントを許し逆転で落とす。

第2ゲームも森のペースで試合が展開されていく。3-6になったところで、邱監督がたまらずタイムアウトを要求。このタイムアウトが試合の流れを変えた。

「全てを強く打ちすぎて自分からミスをしていたから、もっと緩急をつけて入れていくように伝えた。6割、7割で打つボールを使って立て直した」(邱監督)とのアドバイスをの通り、石川は無理に強打せずラリーで勝負する展開にスイッチする。これが見事にはまり第2ゲームを逆転で勝ち取る。

その後は本来のプレーを取り戻し、ラリー戦に加え、レシーブ強打も面白いように決まり、ゲームカウント3-1で勝利。チームスコアを2-2のイーブンに戻す。

試合の流れを取り戻した石川佳純

5番:早田ひな 0-1 石川佳純

勝敗の行方は1ゲームのみのビクトリーマッチに託されることに。

木原戦を圧倒的勝利で飾った絶好調の早田と長く日本の卓球界をけん引する石川という対戦カードに3000人を超える会場のファンからはこの日一番の熱い声援が送られた。両者は昨シーズンもVMで対戦しており、その際はデュースの末、早田が勝利している。

試合は両者得点を取り合う展開が続くも、10-8と先に石川がマッチポイントを握る。1本しのぎ、10-9の場面で石川のレシーブが浮いてしまう。早田はこのチャンスボールを決めればデュースに持ちこめる展開だったがボールは無念のアウト。石川がVMを制し、KA神奈川に勝利をもたらした。

石川佳純、試合後コメント

石川佳純(KA神奈川)
写真:石川佳純(KA神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

一番から震えがあって緊張していた。(森戦では)流れとしてはチェコオープンで平野美宇ちゃんとやった時と近い状況で先にリードされる苦しい展開。(挽回の理由は)凡ミスが出ていたしサーブに苦しめられていたのでラリーで勝負する作戦に切り替えた。10本入れてきたら11本返すという気持ちで戦って逆転できた。

(ビクトリーマッチの早田戦について)
思い切って長いサーブ出して行けたのが勝因。ビクトリーマッチは心と頭をフル稼働しないと勝てない。最後は気持ち。最初から攻めて行けるか、最後まで攻め切れるかが大事。5ゲーム、7ゲームで組み立てるのと違って、最初から全力疾走しないと1ゲームマッチは勝てない。中国選手とやるときは最初から全力疾走しないといけないのでいい経験になった。

(五輪代表枠を争う2人が出場しない中で出場した意味)
試合が多く、タフなスケジュール。でも沢山のお客さんの前で勝つことが出来て自信になった。Tリーグの開幕戦だし、日本でやる試合。沢山のお客さんが来てくれる。この場に自分がいなきゃと思ったし、心から出たいと思った。

スコア:日本生命 2-3 KA神奈川

石川佳純(KA神奈川)
写真:石川佳純(KA神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

陳思羽/前田美優 1-2 ◯長﨑美柚/木原美悠
9-11/11-8/8-11

◯田志希 3-2 杜凱琹
11-4/10-11/10-11/11-7/11-8

◯早田ひな 3-1 木原美悠
11-2/11-6/6-11/11-7

森さくら 1-3 ◯石川佳純
11-10/8-11/3-11/3-11

早田ひな 0-1 ◯石川佳純
9-11

>>逆襲の石川佳純 “3連敗の教訓活かした3つの戦術”とは
文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
石川佳純(KA神奈川)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」