Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム
Tリーグ
公開日 2019.12.30

早田ひな、石川佳純下し今季8勝目 首位攻防戦は日本生命に軍配<卓球・Tリーグ試合速報>


写真:勝利した早田ひな/提供:©T.LEAGUE

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 12月30日(月)アリーナ立川立飛>

30日、ノジマTリーグ・女子の試合が行われ、日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)が木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)をマッチカウント4-0で下した。

第2マッチでは早田ひな(日本生命)と石川佳純(KA神奈川)の対決も見られ、1800人を越える観客を沸かせた。

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

年間王者みゆうペア、苦杯を喫する


写真:長﨑美柚(写真左)・木原美悠/提供:©T.LEAGUE

首位日本生命と2位KA神奈川の首位攻防戦。年の瀬の12月30日にも関わらず、アリーナ立川立飛には1800人を越えるファンが詰めかけた。

第1マッチのダブルスは、KA神奈川からはITTFワールドツアーグランドファイナル優勝で勢いに乗る10代ペア、木原美悠/長﨑美柚が登場。対する日本生命からは陳思羽(チェンズーユ)/田志希(チョンジヒ)の国際ペアが出場した。チャイニーズタイペイの陳思羽と韓国のサウスポー田志希が組むダブルスが見られるのもTリーグの面白い部分の1つだ。試合は、2ゲーム目のデュースを制した日本生命ペアが木原/長﨑ペアに勝利した。

日本最高峰のサウスポー対決を早田が制す


写真:石川佳純/提供:©T.LEAGUE

第2マッチは、早田(日本生命)と石川(KA神奈川)の日本最高峰のサウスポー対決となった。早田と石川は2019年1月の全日本でも対戦があり、その際は4-1で早田が勝利を収めている。この試合も1~3ゲーム目まですべて11-10と拮抗した展開となった。4ゲーム目を石川が奪い、ゲームカウント2-2で最終ゲームへもつれ込んだ。

最終ゲーム、先にマッチポイントを握ったのは早田だった。石川が2度追いつくも、3度目のマッチポイントで早田がサービスエース。激戦をものにした早田が、石川から値千金の白星でシーズン8勝目をあげた


写真:今季8勝目の早田ひな/提供:©T.LEAGUE

全試合ダイジェスト動画はこちら

森、田志希もキレのある動きを見せる

勢いに乗る日本生命は、続く第3マッチも気合十分の森さくら(日本生命)が長﨑(KA神奈川)を3-0で下し、大きなガッツポーズ。終始森の気迫が長﨑の卓球を上回った。


写真:田志希/提供:©T.LEAGUE

第4マッチは世界ランキング16位・田志希(日本生命)と同15位の杜凱琹(ドゥホイカン)の対決に。勝利が確定した日本生命は、1点ごとにベンチも大盛り上がり。田志希もキレのある動きを見せ、振れば入る状態になり得点を重ねる。国際大会で6度対戦し4勝2敗と勝ち越している相性の良さを見せ、田志希が勝利を掴み取った。

KA神奈川が、チーム発足以来初の0-4負けを喫した。一方勝利した日本生命は勝ち点4を獲得。首位をがっちりキープし、2020年を迎えることになった。


写真:勝利した日本生命レッドエルフメンバー/提供:©T.LEAGUE

>>団体戦のダブルスは超重要!? Tリーグの試合結果から分析

スコア KA神奈川 0-4 日本生命

木原美悠/長﨑美柚 0-2 〇陳思羽/田志希
4-11/10-11

石川佳純 2-3 〇早田ひな
11-10/10-11/10-11/11-8/11-13

長﨑美柚 0-3 〇森さくら
7-11/10-11/9-11

杜凱琹 1-3 〇田志希
6-11/6-11/11-7/8-11

>>木原美悠インタビュー 卓球女子、令和の星が明かす“意外な悩み”

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球メディア|Rallys(ラリーズ)