新加入ジオニスが丹羽、張本下す 彩たま大逆転勝利 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和(写真左)、パナギオティス・ジオニス(写真右)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 新加入ジオニスが丹羽、張本下す 彩たま大逆転勝利<卓球・Tリーグ結果速報>

2019.12.30 文:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 12月30日(月)アリーナ立川立飛>

30日、ノジマTリーグで木下マイスター東京(以下、KM東京)とT.T彩たま(以下、彩たま)が対戦した。両チームは今シーズン中に4回対戦しており、KM東京が3勝1敗で勝ち越している。5回目の対戦となる今回は、彩たまがマッチカウント0-2から3試合連続で勝利し、逆転勝利を飾った。

>>【卓球】英ピッチフォードに聞く「最強中国の倒し方」と「Tリーグ参戦のワケ」

激しいラリーを制し、KM東京が先制


写真:宇田幸矢(写真右)/田添健汰(写真左)/提供:©T.LEAGUE

第1マッチのダブルスは、KM東京からは、昨日の岡山リベッツ戦でも活躍した宇田幸矢/田添健汰ペアが出場。対する彩たまからは、神巧也/平野友樹ペアが登場。序盤から激しいラリーで観客を魅了する両ペアによる試合は、ゲームオールのデュースまでもつれ込む激戦となったが、最後は宇田が甘くなったサーブをチキータで抜き去り、宇田/田添ペアが勝利した。

>>田添健汰「人生が変わった」 水谷からの運命のLINEとは

張本がピッチフォードを下す活躍


写真:張本智和/提供:©T.LEAGUE

第2マッチは、張本智和(KM東京)と「日本人キラー」とも呼ばれるリアム・ピッチフォード(彩たま)が対戦。序盤はピッチフォードの強みが光り、張本は流れをつかめず第1ゲームを落としたが、粘り強いプレーで第2ゲームを取り返すと、そこから張本が本来の力強さを発揮し、第3ゲームも取った。しかし、ピッチフォードも一歩も譲らず、第4ゲームを奪い、第1マッチに続き第2マッチもファイナルゲームに突入。最後は張本が粘りきり、ゲームカウント3-2で張本が勝利した。マッチカウント2-0でKM東京がリード。

>>日本人キラーを探せ!Tリーグ参戦海外選手の対日本人成績まとめ

松平健太とジオニスが3-0で連勝 彩たま挽回

第3マッチ、勝利に王手をかけたKM東京からは、カットマンの侯英超(ホウ・エイチョウ)が登場。対する彩たまからは、先日国際大会引退を発表した松平健太が出場。長短の変化をつけたドライブで侯を前後左右に揺さぶり、序盤からリードを奪った松平がゲームカウント3-0で完勝。

第4マッチは、丹羽孝希(KM東京)とパナギオティス・ジオニス(彩たま)が出場。Tリーグでは初めての対戦となる今回は、ジオニスがゲームカウント3-0で勝利。丹羽はジオニスの切れたカットに苦しみ、最後まで攻撃のペースをつかめなかった。

>>“飢える貴公子”松平健太 移籍で求める「勝ちの味」

ジオニスがビクトリーマッチ勝利 彩たま大逆転


写真:パナギオティス・ジオニス/提供:©T.LEAGUE

マッチカウントが2-2となったため、試合はビクトリーマッチに突入。第3、第4マッチをともにゲームカウント3-0で勝利して勢いに乗る彩たまからは丹羽を下したジオニスが登場。対するKM東京からは、張本が登場。1ゲーム先取となるビクトリーマッチでは、強打が決まらない張本に対しジオニスが徐々に点差を広げ、最後はジオニスの3球目攻撃が決まり、11-6で勝利。彩たまがマッチカウント0-2からの大逆転勝利を果たした。

全試合ダイジェスト動画はこちら

>>インタビューから読み解く あなたに勇気を与える卓球選手の言葉 #2 ピッチフォード、神、松平編

スコア:木下マイスター東京 2-3 T.T彩たま


写真:リアム・ピッチフォード/提供:©T.LEAGUE

◯宇田幸矢/田添健汰2-1 神巧也/平野友樹
11-8/8-11/14-12

◯張本智和 3-2 リアム・ピッチフォード
8-11/11-8/11-6/10-11/11-9

侯英超 0-3 〇松平健太
8-11/10-11/3-11

丹羽孝希 0-3 〇パナギオティス・ジオニス
6-11/8-11/9-11

張本智和 0-1 〇パナギオティス・ジオニス
6-11

男子ランキング
2020.10.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt