Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム
Tリーグ
公開日 2020.01.25

KM東京が岡山下し首位キープ 邱監督「ダブルス勝ってからのスタートなので今年は楽」<卓球・Tリーグ>


写真:左から宇田幸矢田添健汰木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 1月25日(土)横浜文化体育館>

25日、ノジマTリーグで木下マイスター東京(以下、KM東京)が岡山リベッツ(以下、岡山)をマッチカウント3-1で下した。前半MVPを獲得した侯英超を欠きながらも、田添/宇田の安定感あるダブルスと張本・丹羽の活躍で勝利し首位をキープした。

田添健汰/宇田幸矢が負けなし5連勝、張本、丹羽も続く


写真:張本智和(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

第1マッチのダブルスでは、KM東京から田添健汰と全日本選手権男子シングルスを制した宇田幸矢のペアが登場。このペアは前半戦では4勝0敗と無敗を誇る。対する、岡山は全日本選手権を2回制したこともある森薗政崇/三部航平のペアが登場した。

試合は強烈なチキータで優位に立った田添/宇田が相手のミスを誘いつつ1ゲーム目を先取。2ゲーム目も超攻撃型の宇田を田添がアシストする息の合ったプレーを見せ、ストレートで勝利。これでダブルスが7連勝(田添/フレイタスが2勝、田添/宇田が5勝)となり、邱監督も試合後の報道陣の取材に対し「今日の試合は最初のダブルスが良かった。昨シーズンはダブルスを落としてからのスタートで苦しかったが、今季はダブルス勝ってからのスタートなので楽に感じる」と田添を軸としたダブルスを評価した。

第2マッチは、張本智和(KM東京)と𠮷田雅己(岡山)の全日本選手権で好成績を収めた者同士の対決となった。序盤から積極的な攻めを見せ1ゲーム目を張本が先取。2ゲーム目は𠮷田が粘り10-10までもつれ込むも、最後は得意のバックハンドで攻め切り、そのまま3ゲーム目も𠮷田を押し切りストレート勝ちを収めた。張本はヒーローインタビューで「調子はあまり良くないが、ここで勝てたことが何よりも良かったです」と振り返った。

>>【完全保存版】激闘の7日間を写真で振り返る 男子シングルス編<全日本卓球2020>

吉村和弘が強気のプレーで水谷との接戦制する


写真:吉村和弘(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

ハーフタイムを挟んだ第3マッチでは丹羽孝希と森薗政崇のサウスポー対決。丹羽はサーブレシーブからの速攻プレーで1ゲーム目を奪うと、2ゲーム目はストップ対ストップの展開からチキータで攻めて2-0と丹羽がリードする。後がなくなった森薗は点差を離されても気迫のプレーを見せ1ゲームを奪い返す。4ゲーム目も10-10となるが、最後は丹羽が粘りを見せる森薗を退け、チームに勝利をもたらした。

第4マッチは水谷隼VS吉村和弘の対戦で2016年全日本の決勝と同じカード。勝利で勝ち点4をもたらしたい水谷に対し、吉村が威力十分の両ハンドで1、2ゲーム目を11-10と逆転で制する。水谷がチキータのしにくい横上回転のサーブに変え、2-2と追い付く。6-6から始まるファイナルゲームではお互い譲らずデュースに突入し、最後は吉村がスマッシュで決めゲームカウント3-2で水谷を下した。

>>鬼のオヤジに兄・真晴。卓球一家で生まれた吉村和弘の卓球人生の幕開け

全試合ダイジェストはこちら

スコア:木下マイスター東京 3-1 岡山リベッツ

◯田添健汰/宇田幸矢 2-0 森薗政崇/三部航平
11-6/11-8

◯張本智和 3-0 𠮷田雅己
11-5/11-10/11-5

丹羽孝希 3-1 森薗政崇
11-5/11-8/10-11/11-10

水谷隼 2-3 ◯吉村和弘
10-11/10-11/11-7/11-7/10-12

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球メディア|Rallys(ラリーズ)