【完全保存版】激闘の7日間を写真で振り返る 男子シングルス編<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー・大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

全日本 【完全保存版】激闘の7日間を写真で振り返る 男子シングルス編<全日本卓球2020>

2020.01.23 文:ラリーズ編集部

7日間に渡って丸善インテックスアリーナ大阪で行われた天皇杯・皇后杯2020年全日本卓球選手権大会は、男女シングルスともに初優勝という劇的な幕切れとなった。

今回は男子シングルスの4回戦から、全日本の歴史的瞬間を写真とともに振り返っていこう。

>>【完全保存版】激闘の7日間を写真で振り返る 
女子シングルス編 男子ダブルス編 女子ダブルス編 混合ダブルス編

男子シングルス4回戦

男子シングルス4回戦ではスーパーシード丹羽孝希(スヴェンソン)が登場し、松平健太T.T彩たま)と対戦した。注目のカードだが、五輪代表も内定している丹羽孝希が勝利し5回戦に進んだ。


写真:松平に勝利した丹羽孝希/撮影:ラリーズ編集部

>>“飢える貴公子”松平健太 移籍で求める「勝ちの味」


写真:惜しくも丹羽孝希に敗戦し4回戦で全日本を去った松平健太/撮影:ラリーズ編集部

また同じく4回戦では第1シード大島祐哉が登場し御内健太郎(シチズン時計)と対戦し勝利を収めた。大島のベンチには東京五輪代表の水谷隼(木下グループ)の姿が見られた。


写真:ベンチの水谷隼からアドバイスをもらい勝利を収めた大島祐哉/撮影:ラリーズ編集部

>>前年度準V・大島祐哉、初戦突破 “ベンチコーチ”水谷隼の助言に感謝<全日本卓球2020>

男子シングルス5回戦

5回戦ではTリーグでも活躍し勢いに乗る男、ジンタクこと神巧也(T.T彩たま)が登場した。田添響(木下グループ)と対戦した神巧也は勝利して大きなガッツポーズを見せた。


写真:試合に勝利してガッツポーズを掲げる神巧也/撮影:ラリーズ編集部

また同じく5回戦では森薗政祟(BOBSON)が曽根翔(愛工大名電高)に敗れる一幕もあった。


写真:森薗政祟に勝利し6回戦進出を決めた曽根翔/撮影:ラリーズ編集部

>>神巧也「実業団かTリーグか」論は無意味 己の人生を生きろ

男子シングルス6回戦

6回戦では吉村和弘(東京アート)がフルゲームの激戦の末、第1シード大島を破った。


写真:第1シード大島を破った吉村和弘/撮影:ラリーズ編集部

また𠮷田雅己(FPC)と町飛鳥(鹿児島県体育協会)の青森山田同級生対決では𠮷田がストレート勝ちを収めた。


写真:試合後握手をする𠮷田と町/撮影:ラリーズ編集部

>>【吉田雅己】秘技・ハラキリサーブ!? 卓球新技を特別公開

男子シングルス準々決勝

男子シングルス準々決勝ではベスト8が出揃い、見応えのある試合が多く行われた。

その中でも東京五輪代表が内定し今大会の優勝候補だった丹羽孝希(スヴェンソン)が昨年度ジュニア王者の戸上隼輔(野田学園高)に敗れた。


写真:丹羽孝希にストレート勝ちした戸上隼輔/撮影:ラリーズ編集部


写真:戸上隼輔に敗れ、準々決勝で全日本の舞台から去った丹羽孝希/撮影:ラリーズ編集部

>>丹羽孝希、高校生王者・戸上に苦杯も「切り替えて頑張りたい」<全日本卓球2020>
>>戸上隼輔「人生が変わった」水谷隼からの金星 若き新星、パリ五輪目指す

男子シングルス準決勝

男子シングルス準決勝では宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が𠮷田と対戦し、ゲームカウント4-2で宇田が勝利し自身初の決勝進出を決めた。


写真:𠮷田雅己に勝利し決勝戦進出を決めた宇田幸矢/撮影:ラリーズ編集部


写真:宇田に敗れベスト4で今大会を終えた𠮷田雅己/撮影:ラリーズ編集部

>>吉田雅己 なぜ僕は「勝ちきれない卓球選手」なのか 巨人・丹羽孝希の登場

もう1つの準決勝では張本智和(木下グループ)と戸上隼輔(野田学園高)の試合が行われた。準々決勝で丹羽を倒して勢いに乗る戸上が張本を追い詰めるが、最後は張本がフルゲームの死闘を制して勝利した。


写真:戸上に勝利し決勝進出を決めた張本智和/撮影:ラリーズ編集部


写真:惜しくも張本に敗れベスト4で終わった戸上隼輔/撮影:ラリーズ編集部

>>宇田幸矢、高速卓球で勝利 決勝は張本との高校生対決に<全日本卓球2020>

男子シングルス決勝

ついに迎えた男子シングルス決勝は張本と宇田の高校生対決となった。

勢いに乗って向かってくる宇田にゲームカウント3-1の状態で先にチャンピオンシップポイントを握られて追い詰められる張本。そこから意地でゲームを取り返し3-3のフルゲームにまで持ち込むも、最後は宇田の戦術と勇気が上回り、宇田が初優勝を決めた。


写真:宇田に敗れ準優勝となった張本智和/撮影:ラリーズ編集部


写真:張本に勝利し自身初の優勝を手にした宇田幸矢/撮影:ラリーズ編集部

〇宇田幸矢 4-3 張本智和
13-11/11-9/8-11/12-10/11-13/6-11/11-9


写真:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー・大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

>>18歳・宇田幸矢、歓喜の初V 16歳・張本智和に2年前のリベンジ果たす<全日本卓球2020>
>>宇田幸矢と早田ひな、ともに初V 10代王者誕生<全日本卓球2020・最終日>

男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt