早田ひな「ドライブがどこまで通用するか楽しみ」ドリームマッチで男女対決 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ 早田ひな「ドライブがどこまで通用するか楽しみ」ドリームマッチで男女対決

2020.09.10 文:ラリーズ編集部

<卓球 2020 JAPAN オールスタードリームマッチ 9月14日>

卓球Tリーグは10日、オンライン記者会見を開催し、14日に行われる「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」に向け、出場選手たちが抱負を述べた。オールスターは、第1部の日本代表選抜 vs Tリーグ代表選抜、第2部の日本代表男子 vs 日本代表女子の2部構成で行われる。

>>石川佳純「選手もファンも楽しめたら」 女子6選手がドリームマッチへ意気込み

男女対戦に選手が意気込み

ドリームマッチの第2部は、シングルス4ゲームの男女対抗チームマッチという変則マッチとなる。11本先取、1失点で選手交代、勝者は勝ち残りという方式で行われる。男女の対戦とあって、1ゲーム目は女子4点ハンディでサービスは女子からとなり、1ゲーム目の結果次第でハンディやサービス権の変更も検討される。


写真:オンライン記者会見での森薗政崇(写真左)、水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

女子の対戦について聞かれた水谷隼(木下グループ)は「今回の特別ルールであれば、失点しなければずっと交代しないので、周りの選手に回さないように頑張りたいと思います」と大胆な完封宣言。続けて意気込みを求められた森薗政崇(BOBSON)は「水谷さんが全部勝ってくるそうなのでお任せします(笑)」と水谷に乗っかるコメントで笑わせた。


写真:オンライン記者会見に臨む石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

一方、男子と対戦する石川佳純(全農)は「卓球ファンの前で男子と女子が対戦するのは初めてのことなので、私自身も楽しみですし、本当に新鮮だと思うので、楽しんでいただけたらと思います」とファンに向けてメッセージ。

早田ひな(日本生命)は「男子選手の技術や戦術のうまさを自分の肌で感じたい。逆に私のフォアドライブやパワードライブがどこまで通用するのかなという楽しみもありますね」と力強く意気込んだ。

出場予定選手

男子日本代表

張本智和(木下グループ)
・水谷隼(木下グループ)
丹羽孝希(スヴェンソン)
・森薗政崇(BOBSON)
宇田幸矢(明治大学)

男子Tリーグ選手

及川瑞基木下マイスター東京
神巧也T.T彩たま
田添響岡山リベッツ
戸上隼輔琉球アスティーダ

女子日本代表選手

・石川佳純(全農)
・早田ひな(日本生命)
長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)

女子Tリーグ選手

森さくら日本生命レッドエルフ
加藤美優日本ペイントマレッツ
木原美悠木下アビエル神奈川
・出澤杏佳(トップおとめピンポンズ名古屋

>>【早田ひな#3】“黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

男子ランキング
2020.10.27
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.27
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt