琉球、若武者躍動でリーグ新の7連勝 宇田「戸上が繋いでくれたので勝てて良かった」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:宇田幸矢(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 琉球、若武者躍動でリーグ新の7連勝 宇田「戸上が繋いでくれたので勝てて良かった」

2020.12.11 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 12月11日(金)>

琉球アスティーダ(以下、琉球)がTリーグ新記録の7連勝を飾った。11日、Tリーグサードシーズンの男子の試合が行われ、琉球が大逆転で岡山リベッツ(以下、岡山)をマッチカウント3-2で下した。

>>戸上隼輔「人生が変わった」水谷隼からの金星 若き新星、パリ五輪目指す

戸上が丹羽を下し流れを変える

試合は、東京五輪代表の丹羽孝希擁する岡山が、10日の今季初勝利の勢いのまま、1番ダブルス、2番シングルスと連勝を飾る。2番シングルスは、今季新加入のサティアン・グナナセカラン(インド)が、ゲームカウント0-2からひっくり返し、全日本王者の宇田幸矢を下した。

戸上隼輔
写真:戸上隼輔(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

3番シングルスで岡山は丹羽、琉球は戸上隼輔の対戦となった。この両者は、2020年の全日本選手権で対戦し、その際は戸上が勝利している。今回の試合でも、戸上が持ち味の快速ドライブを武器にあっさりとストレート勝ち。ここから試合の流れがガラリと変わる。4番シングルスで琉球の吉村真晴が岡山の田添響を完封し、試合はマッチカウント2-2。勝負はビクトリーマッチに。

吉村真晴
写真:吉村真晴(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

ビクトリーマッチに登場したのは2番シングルスと同対決のグナナセカラン(岡山)と宇田(琉球)だ。勢いある琉球ベンチの大声援を背に、宇田が11-8で勝負を決めた。

グナナセカラン
写真:グナナセカラン(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

琉球がリーグ新記録の7連勝

これで琉球はTリーグ新記録の7連勝を飾った。12日から行われるJTTLファイナル4出場の関係から、吉村和弘木造勇人、平野友樹らを欠き、今季最小の4人での戦いとなったが、勝ち切った。琉球の張一博監督は「チーム一丸となって、一人一人が頑張って点数をとった。今日の試合は紙一重だった」と試合を振り返った。

2番シングルスで敗れたもののビクトリーマッチで再起用した宇田に関しては、「若手を育てるという目的もあって、(宇田)幸矢の試合は内容的には悪くなかったので、もう1回出した。負けたら全部僕の責任なので」と若きエースに全幅の信頼を寄せる。

写真:ビクトリーマッチで戦った宇田幸矢とグナナセカラン/提供:©T.LEAGUE
写真:ビクトリーマッチで戦った宇田幸矢とグナナセカラン/提供:©T.LEAGUE

勝利を決めた宇田は「7連勝がかかっていた試合。戸上が繋いでくれたので勝てて良かった」と明治大の同級生である戸上から託された勝利のバトンを繋ぎ、リーグ新記録の7連勝を成し遂げた。

岡山リベッツ 2-3 琉球アスティーダ

琉球アスティーダ
写真:勝利した琉球アスティーダメンバー/提供:©T.LEAGUE

上田仁/丹羽孝希 2-1 有延大夢/戸上隼輔
10-11/11-10/13-11

〇サティアン・グナナセカラン 3-2 宇田幸矢
6-11/10-11/11-5/11-8/11-9

丹羽孝希 0-3 〇戸上隼輔
6-11/6-11/9-11

田添響 0-3 〇吉村真晴
7-11/9-11/6-11

サティアン・グナナセカラン 0-1 〇宇田幸矢
8-11

>>「卓球で生きていく」 “パリ世代三銃士”宇田幸矢・戸上隼輔・木造勇人、覚悟と決意の挑戦

Tリーグ2020.11男子月間ハイライト

男子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
12943 pt
2
許キン(中国)
12082 pt
3
馬龍(中国)
11914 pt
1
張本智和(日本)
9093 pt
2
丹羽孝希(日本)
6605 pt
3
水谷隼(日本)
6332 pt
女子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
13825 pt
2
孫穎莎(中国)
11480 pt
3
伊藤美誠(日本)
11081 pt
1
伊藤美誠(日本)
11081 pt
2
石川佳純(日本)
7770 pt
3
平野美宇(日本)
7487 pt