Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2019.02.21

【卓球・Tリーグ】名古屋、ニッペMとの直接対決を制す! 3位の座まであと一歩

写真:前列左から野村萌、森薗美咲、安藤みなみ、ソ ヒョウォン。後列左から渡辺理貴コーチ、ハン イン、鈴木李茄、エリザベタ サマラ、新井周監督(TOP名古屋)/提供:©T.LEAGUE

写真:前列左から野村萌森薗美咲安藤みなみ、ソ ヒョウォン。後列左から渡辺理貴コーチ、ハン イン、鈴木李茄エリザベタ サマラ、新井周監督(トップおとめピンポンズ名古屋)/提供:©T.LEAGUE

<ノジマTリーグ2018/19シーズン 2月20日(水)おおきにアリーナ舞洲>

2月20日、おおきにアリーナ舞洲にて勝ち点19で3位の日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)と勝ち点12で4位のトップおとめピンポンズ名古屋(以下、名古屋)の試合が行われた。

両チームとも3位争いが佳境に入る中、絶対に落としたくない試合を見事名古屋が勝利で飾った。名古屋は勝ち点を15とし、3位のニッペMまであと一歩と迫った。名古屋は残り3試合、ニッペMは残り1試合となり、まだまだどちらが3位になってもおかしくない。

ニッペM VS TOP名古屋 各マッチの解説

1番:李 皓晴/蘭 曦 0-2 鈴木 李茄/安藤 みなみ

名古屋からは専修大学時代に大学No. 1にも輝いた鈴木李茄安藤みなみペア、ニッペMからは李 皓晴(リ ホチン)・蘭 曦(ラン シ)ペアが出場した。李・蘭ペアはTリーグでは初めてのペアである。

第1ゲームは鈴木・安藤ペアが4-7から追いつかれるも、その後4連続得点でこのゲームをものにする。続く第2ゲームは鈴木・安藤ペアが4-2とリードしたところで、相手が早めのタイムアウト。そこからは一進一退の攻防が続くも、巧みにコースをうまく突いた名古屋が2-0で勝利した。

鈴木・安藤ペアはお互いによく知る仲であり、Tリーグでもこの試合で連続5試合目となる。やはりダブルスとしての経験値の差、コンビネーションの差が出た試合となった印象だ。個々の実力が強いからといって、ダブルスでもそれが発揮されるかというと必ずしもそうではないのが卓球の面白さだ。

2番:加藤 美優 2-3 エリザベタ サマラ

ニッペMからはエースの加藤、名古屋からはサマラが登場し、サマラは12月23日の日本生命戦以来の出場となった。第1ゲーム、2本連続3球目攻撃で幸先の良いスタートを切ったのは加藤であったが、サマラも序盤から声を出して気合が入っている様子。リードを保ったサマラがゲームを先取した。

しかし続く第2ゲームは展開が変わり加藤のペースに。5-7の場面から2本連続でレシーブエースを決められるなど終始相手のペースとなった。加藤はバック前にしゃがみこみサーブを出してから、3球目攻撃という戦術がうまくはまった様子である。

第3ゲームは4-7の劣勢から逆転し、そのままゲームポイントを握ったサマラが取ると思われたが、相手に粘られ逆転し返されてしまう。反対に第4ゲームは相手の戦術にうまく対処し始めたサマラが逆転で取る展開に。勝負は最終ゲームへと持ちこされた。

最後は意地と意地のぶつかり合いとなったが、先手を取ったのはサマラ。相手はタイムアウトを使い流れを引き寄せようとするも、サマラが気迫のプレーで押し切り、相手エースから貴重な白星をあげた。

● エース加藤を破ったサマラ、喜び大爆発!


3番:李 皓晴 3-1 ハン イン

もう後がない名古屋は、昨日のKA神奈川戦で石川を破った李が、この試合取れば勝利が決まる名古屋からはハンが登場した。

先手を取りたいハンであったが第1,2ゲーム、完全に李にペースを握られた。第2ゲーム5-6の場面ではロビングをあげられ失点し、精神的なダメージも受けた。そこからハンはカットで何とか粘るも、相手の落ち着いたカット打ちに苦しむ展開に。無理に攻めてくることはなく、打てる球をしっかり選んで打ってくる印象で、まさにお手本のようなカット打ちだ。

第3ゲーム、何とか挽回したいハンは6-2とリードするも3点返されタイムアウトを選択。これが功を奏し、5連続得点でこのゲームを取り返し一矢報いた。しかし流れはここまでしか続かず。最後はミスのない李に打つ手がなく、勝利は第4マッチに託すこととなった。

4番:松平 志穂 0-3 ソ ヒョウォン

ニッペMはしゃがみこみサーブの得意な松平、名古屋は韓国のカットマン・ソを起用。第1ゲーム、ソは序盤から安定したカットを見せるも5-3から6連続得点を許し逆転されてしまう。しかしそこから、6連続得点で逆転し返すという面白い展開でソがこのゲームを先取。

第2ゲームは流れに乗ったソがカットでミスを誘いリードを保つ。中盤からは取っては取られの展開が続くも、先にリードしていたソがこのゲームも連取する形となった。

しかし、うって変わって第3ゲームはソが劣勢となった。後がなくなった松平に徹底的にミドルを攻められ、2-8とリードされてしまう展開に。

このゲームは落としたかと思われたが、ソはまだ諦めてはいなかった。3-9の場面からまずは3連続得点、相手は残していたタイムアウトで流れを変えようとするも、そこからさらに4連続得点で10-9に。最後は集中力を保ち続けたソが大逆転勝利でチームに貴重な白星をもたらした。

スコア詳細:ニッペM 1-3 TOP名古屋

李 皓晴/蘭 曦 0-2 鈴木 李茄/安藤 みなみ
7-11/6-11

加藤 美優 2-3 エリザベタ サマラ
9-11/11-7/12-10/8-11/7-11

李皓晴 3-1 ハン イン
11-4/11-5/5-11/11-5

松平志穂 0-3 ソ ヒョウォン〇
9-11/7-11/10-12

前日のマッチレポートはこちら

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
写真:前列左から野村萌、森薗美咲、安藤みなみ、ソ ヒョウォン。後列左から渡辺理貴コーチ、ハン イン、鈴木李茄、エリザベタ サマラ、新井周監督(TOP名古屋)/提供:©T.LEAGUE
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」