Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2019.02.23

【Tリーグ・マッチレポ】彩たまが意地の追い上げ ベンチとのコンビネーションが勝利の鍵か

写真:吉村真晴(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

写真:吉村真晴(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月22日(金) 宜野湾市立体育館>

2月22日、宜野湾市立体育館にて琉球アスティーダ(以下、琉球)とT.T彩たま(以下、彩たま)の試合が行われた。

琉球にとっては、ホームでのシーズン最終戦と、盛り上がる環境での試合となった。一方の彩たまは、21日の岡山リベッツの勝利によりプレーオフ進出を逃した中での戦いだったが、モチベーションを落とすことなくハツラツとしたプレーで最後まで戦い抜いた。

結果は4-0で彩たまが琉球を完封。彩たまにとっては2位との差を詰める非常に良い結果となり、この勢いのまま24日のKM東京との最終戦勝利を狙う。

一方、琉球にとってはホームのサポーターに最終戦勝利をプレゼントできず、ほろ苦い結果となった。この雪辱を来季でどう晴らすか、非常に楽しみである。

琉球アスティーダ VS T.T彩たま 各マッチの解説

1番:有延 大夢/丹羽 孝希 0-2 チョン ヨンシク/平野 友樹

まず登場したのは、琉球からは有延 大夢・丹羽 孝希ペア、対する彩たまからはチョン ヨンシク・平野 友樹ペア、2日ぶりの対戦となった。前日の岡山リベッツとの戦いで上田 仁・森薗 政崇ペアに勝利し勢いに乗る有延・丹羽ペアであったが、チョン・平野ペアが行く手を阻んだ。

試合は序盤から両ダブルス共に良いコンビネーションを見せ、一進一退の攻防に。第1ゲームを僅差で落とした有延・丹羽ペアが第2ゲーム冒頭連続ポイントを奪い5-1と突き放すも、チョン・平野ペアが脅威の追い上げを始める。1点差になったところで有延・丹羽ペアがタイムアウトを取ったが、得点が続かない。

一方、チョン・平野ペアは連続ポイントが途切れた途端、2点差と若干の余裕を残してのタイムアウトで万全の体制を整えた。最後は丹羽の果敢な攻めのボールがネットに阻まれ、ゲームカウント2‐0でチョン・平野ペアが勝利した。

2番:陳 建安 0-3 黄 鎮廷

続く2番では、琉球から陳、彩たまからは黄が登場した。両選手は2月3日に北海道で対戦しており、その時は黄が3‐0で勝利しているが、またしても同様の結果となった。

第1ゲームは互いに譲らない展開となったが、黄が連続ポイントでこのゲームを奪う。第2ゲーム中盤に、両選手が力強いボールを打ち込み得点を挙げる場面には観客も大興奮したことだろう。

迎えた第3ゲームは陳がリードを奪い、タイムアウトで突き放しにかかるも、9‐7からの連続ポイントで黄が逆転、最後は大きく陳を揺さぶっての得点で、彩たまに良い流れを与えた。

3番:丹羽 孝希 0-3 チョン ヨンシク

1番、2番を連続で取られ、後がない琉球は3番の丹羽に望みを託す。対する彩たまもチョンを起用、見ごたえのあるエース対決となった。

●チョンヨンシクがエース・丹羽を完封!


第1ゲーム序盤から中盤にかけて互いに連続ポイントを取り合うと、試合はデュースにもつれ込んだ。11-10とリードした時点で、チョンは早くもタイムアウト。その後の1点を確実にとり、互角のゲームをものにした。

この作戦が功を奏したか、第2ゲームはチョンの7連続得点から始まった。丹羽はこの勢いを止められず、第3ゲームのタイムアウトで挽回を図るも、最後は高速ラリーをチョンが制し、彩たまに勝利をもたらした。両ベンチのタイムアウトの取り方が明暗を分けた一戦と言えるだろう。

4番:荘 智淵 1-3 吉村 真晴

ここまでの三本を全てストレート負けで落としている琉球はシーズンを通じて主力として活躍した荘を投入する。対する彩たまからはキャプテンの吉村が登場した。両者は19日に1ゲーム先取で勝敗が決まるヴィクトリーマッチ(VM)で対戦しており、その時は吉村が11-9の接戦を制している。

ホームでの最終戦を全試合ストレート負けの完封で終わらせたくない荘は、気迫のこもったプレーで第1ゲーム、吉村を11-4で圧倒した。続く第2ゲームは19日のVM同様、緊迫した試合となった。8-8の場面から吉村が10-8とリードすると、負けじと荘も一点を返し10-9に。しかし、ここで彩たまのベンチ力が光った。タイムアウトを取ることで荘に連続ポイントを許さず、吉村が11-9で逃げ切った。

第3ゲーム以降も吉村はこの勢いを緩めなかった。試合序盤では不調だったサーブのクオリティも上げていき、第4ゲームでは第1ゲームとは対照的に荘を圧倒。最後は荘のサーブに対しチキータを繰り出してレシーブエース、琉球を完封した。

スコア詳細:琉球アスティーダ 0-4 T.T彩たま

有延 大夢/丹羽 孝希 0-2 チョン ヨンシク/平野 友樹〇
9-11/8-11

陳 建安 0-3 黄 鎮廷〇
8-11/5-11/9-11

丹羽 孝希 0-3 チョン ヨンシク〇
10-12/6-11/6-11

荘 智淵 1-3 吉村 真晴〇
11-4/9-11/8-11/3-11

22日の女子速報、レポはこちら



文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
写真:吉村真晴(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」