Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2019.02.23

【卓球・Tリーグ】KA神奈川が今季最終戦を勝利で飾る 袁雪嬌が2点取り

写真:袁雪嬌(木下アビエル神奈川)/提供:©T.LEAGUE

写真:袁雪嬌木下アビエル神奈川)/提供:©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月22日(金) 岸和田市総合体育館>

2月22日、ノジマTリーグで2位の日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)と首位の木下アビエル神奈川(KA神奈川)が対戦した。プレーオフファイナル進出の決まっている2チームの対戦で、プレーオフの前哨戦といわれていた。

結果はKA神奈川が3-2で日本生命を破り、16日の対戦に引き続きまたも勝利を飾った。KA神奈川は石川佳純が不在の状況でのレギュラーシーズン最終戦となったが、プレーオフに向け良い終わり方ができたと言えるだろう。

反対に、日本生命は主力の平野美宇早田ひなが不在の中での戦いにはなったが勝ってチームに勢いをつけたかったところである。

両チームが次に対決するのは3月17日の両国国技館、プレーオフの舞台。KA神奈川が今回の前哨戦に勝利した勢いを見せられるのか、日本生命が雪辱を果たすことになるのか、プレーオフに向けて期待が高まる。

日本生命 VS KA神奈川 各マッチの解説

1番:常 晨晨/蒋 慧 2-0 長﨑 美柚/木原 美悠

KA神奈川からは若手の長﨑・木原ペア、日本生命からはTリーグでこれまで10勝5敗の常 晨晨(チャン チェンチェン)・蒋 慧(ジャン ホイ)ペアが登場。ダブルスの強い日本生命から白星をあげて、チームに勢いをつけたいKA神奈川だったが、結果は常・蒋ペアに力の差を見せつけられる形となった。

第1ゲーム、0-5と連続得点でリードを許すも、木原・長﨑が4点連続で取り返し流れを引き寄せる。一時的に7-6とKA神奈川ペアが逆転するも、後半からは日本生命ペアがペースをつかんだ。

続く第2ゲームも、日本生命ペアが4連続得点でリード。KA神奈川ペアのタイムアウトも虚しく、最後は5連続得点で日本生命ペアがマッチを制した。

2番:前田 美優 1-3 袁 雪嬌

流れを引き寄せたいKA神奈川は袁 雪嬌(エン シュエジャオ)、ダブルスに続きたい日本生命は前田を起用。2月16日にも同カードの対戦があり、その時は前田が3-2で勝利していた。1週間ぶりの対戦となったが、今回は袁が雪辱を果たした。

第1ゲームから接戦となったこの試合。5連続得点で先手を握ったのは袁、その後相手に4連続得点を許すも何とか逃げ切りこのゲームを先取した。続く第2ゲームも先にゲームポイントを取ったのは袁だったが、逆転で奪い返される。

ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲーム、袁が6-9とリードされる形になるも、後半の5連続得点で逆転。その勢いのまま第4ゲームも袁が良いスタートを切り、パワーのあるドライブで前田を圧倒した。

3番:森 さくら 3-2 浜本 由惟

マッチカウント1-1で迎えた第3マッチは、日本生命から森、KA神奈川から浜本が登場した。両者はTリーグ初の対戦となったが、フルゲームの大熱戦を制したのは森だった。

第1,2ゲームはどちらも譲らない展開が続き、流れがどちらかに傾くということはなく1-1となった。

第3ゲームを取って勝利に王手をかけたい浜本は5-10と先にゲームポイントを握られる劣勢からデュースに持ち込む。13-12と逆転した場面で、確実に1点を取りたいという意図で浜本がタイムアウト。しかしこれが良くなかったか、13-15で相手に取られてしまう。

第4ゲームを浜本が意地で取り返すも、最終ゲームは森が4連続得点でペースをつかみ、日本生命ベンチが歓喜に沸いた。

4番:陳 思羽 0-3 木原 美悠

勝負を決めたい日本生命は陳 思羽(チェン ズーユ)、後がないKA神奈川は木原が登場。終始、穴のないプレーを見せた木原が3-0の勝利を収めた。今日の木原は前髪を上げる髪型で気合が入っている様子だった。

第1,2ゲームともに6連続得点で相手を一気に引き離し木原が王手。第3ゲームは4-1で相手がタイムアウトを使うも、もう手がつけられない。そこから4連続得点し、最後は見事なフォアドライブで打ち抜いた。これでマッチカウントは2-2、勝負はヴィクトリーマッチ(VM)へ。

5番(VM):森 さくら 7-11 袁 雪嬌

Tリーグ特別ルールの延長戦。出場選手はその場で監督が選び、勝負はたった1ゲームで決まる。日本生命は第3マッチで浜本との接戦を制した森が、KA神奈川は第2マッチで勝利した袁が選ばれた。

袁雪嬌が第2マッチに続き、VMも勝利の2点取り!


4-5でリードされるも、5連続得点で逆転した袁がそのままマッチポイントを握る展開に。最後はフォア側から相手のフォア前に出したサーブでサービスエース、KA神奈川がプレーオフ前哨戦の白星を勝ち取った。

スコア詳細:日本生命レッドエルフ 2-3 KA神奈川

常 晨晨/蒋 慧 2-0 長﨑 美柚/木原 美悠
11-8/11-4

前田 美優 1-3 〇袁 雪嬌
9-11/13-11/9-11/5-11

森 さくら 3-2 浜本 由惟
11-7/7-11/15-13/8-11/11-8

陳 思羽 0-3 〇木原 美悠
6-11/3-11/7-11

森 さくら 0-1 〇袁 雪嬌
7-11

22日の速報はこちら

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
写真:袁雪嬌(木下アビエル神奈川)/提供:©T.LEAGUE
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」