岡山、9勝12敗の3位で今季終える 指揮官「最後の1点がなかなか取れなかった」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:森薗政崇(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 岡山、9勝12敗の3位で今季終える 指揮官「最後の1点がなかなか取れなかった」

2021.02.21 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 2月21日(日)アリーナ立川立飛>

卓球Tリーグでは21日、男子最終戦が行われた。岡山リベッツは、木下マイスター東京にマッチカウント2-3で敗れ、9勝12敗の勝ち点31の3位でサードシーズンを終えた。

試合は、ダブルスとシングルスで森薗政崇岡山リベッツ)が2勝をあげるも、あと1勝をあげられず、シーズン最終戦を岡山は黒星で終えた。

試合後、岡山の白神宏佑監督が今季を総括した。

白神宏佑監督、試合後のコメント

白神宏佑
写真:白神宏佑監督(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

最終戦振り返り

残念ながら負けてしまった。最後の試合の締めくくりとしては良かったのではないかと。3位で終わりましたが、ありがとうございました。

VMは上田選手でしたが

前回(張本智和に)0-3で負けていたんですが、1ゲームなら勝てそうな雰囲気もあったので、元々最初から考えていました。締めくくりにふさわしい選手だったのかなと。

吉山選手をこの2戦起用したが

吉山僚一
写真:吉山僚一(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

経験値は簡単に手に入らない。この2試合の経験が、来季や今後の吉山選手に繋がってくればいいかなと思います。経験値が足りないだけで、技術は引きを取っていないと思っている。

木下マイスター東京と2位を争ったが

上田・森薗
写真:上田仁・森薗政崇(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

VMまでは行くが、最後の1点がなかなか取れなかった。ちょっと感じたのが「水谷選手が青森山田出身メンバーに強いんだな」ということ。うちは山田出身が多いので、水谷選手から勝ち星が取れない。

もちろん張本選手は強いんですが、要所要所で水谷選手に取られた。オーダーも木下戦は悩むことが多かった。経験値の部分で負けてしまったかなと思う。

木下マイスター東京 3-2 岡山リベッツ

田添響
写真:田添響(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

水谷隼/大島祐哉 1-2 〇上田仁/森薗政崇
11-4/10-11/9-11

及川瑞基 3-0 吉山僚一
11-8/11-7/11-4

張本智和 3-1 田添響
11-6/7-11/11-8/11-7

大島祐哉 1-3 〇森薗政崇
8-11/11-6/9-11/9-11

〇張本智和 1-0 上田仁
11-6

森薗政崇インタビュー

写真:森薗政崇(BOBSON)/提供:伊藤圭/Unlim
写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

>>森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」

>>第1話 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…森薗政崇「俺は卓球マシーンか!」

>>第2話 森薗政崇、エース水谷との激闘で挙げた64年ぶりの快挙 そして「ゾーン体験」

>>第3話 2年前のトラウマを超えて。卓球森薗・大島ペア、「卓球の閃き」とは

男子1月ハイライト動画

『データでみるTリーグ

データでみるTリーグ

データから読み解く、卓球「Tリーグ」の魅力。日本卓球界に新たに誕生したTリーグ。「いまさら聞けない」Tリーグの基礎知識から、観客動員数、外国人選手の貢献度まで、どこよりもわかりやすく解説します。

>>電子書籍 データでみるTリーグはこちら

男子ランキング
2021.02.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.02.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt