初優勝狙う琉球 吉村和弘/木造勇人が貴重な1勝<Tリーグ男子ファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:吉村和弘・木造勇人(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ 初優勝狙う琉球 吉村和弘/木造勇人が貴重な1勝<Tリーグ男子ファイナル>

2021.02.26 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン プレーオフファイナル 2月26日 アリーナ立川立飛>

卓球Tリーグサードシーズンの年間王者を決めるプレーオフファイナルが開幕した。男子1位の木下マイスター東京(以下、KM東京)と2位の琉球アスティーダ(以下、琉球)の試合は、1番のダブルスで吉村和弘/木造勇人(琉球アスティーダ)が、及川瑞基/田添健汰(木下マイスター東京)にゲームカウント2-1で勝利した。

1月30日以来のダブルス組み合わせ

今季のKM東京のダブルスを支えていた水谷隼が欠場したため、KM東京は今季4試合に出場していた及川/田添ペアを投入した。1月30日の試合ではこの両ペアが対戦し、その際はゲームカウント2-1のデュースで吉村和弘/木造ペアが勝利をあげている。


写真:及川瑞基・田添健汰(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

今回の試合は、お互いがサービスから得点を重ねる展開でスタートした。先にその展開を脱したのはKM東京ペア。及川の安定感と田添のパワフルなドライブで連続得点で先に9点目を奪う。そこから追い上げられ、9-8で早くもKM東京の名将・邱建新監督がタイムアウト


写真:邱建新監督(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

水谷が欠場する中、ダブルスを絶対に落とせないKM東京は、タイムアウト明けの1点を奪い、貴重な第1ゲームを先取した。第2ゲームは序盤から琉球ペアがリードする展開に。KM東京ペアが驚異の追い上げを見せるも11-9で第2ゲームは琉球ペアに軍配が上がった。

最終ゲームは6-6からの開始。連続得点で先にマッチポイントを握った琉球が逃げ切り、初優勝に向け大きな1勝をあげた。

木下マイスター東京 0-1 琉球アスティーダ

及川瑞基/田添健汰 1-2 〇吉村和弘/木造勇人
11-9/9-11/7-11

大島祐哉戸上隼輔
及川瑞基 – 吉村真晴
張本智和宇田幸矢

試合はライブスコアリングで速報予定

男子

>>第2マッチシングルス 速報

>>第3マッチシングルス 速報

>>第4マッチシングルス 速報

>>ビクトリーマッチシングルス 速報

田添健汰インタビュー

>>田添健汰「人生が変わった」 水谷からの運命のLINEとは

>>「張本が本当にすごいのはトーク」田添健汰が常勝軍団を分析

木造勇人インタビュー


写真:木造勇人/撮影:伊藤圭

>>“張本のパートナー”から脱却へ 新星・木造勇人、Tリーグで覚醒なるか

>>“卓球黄金世代”の継承者・木造勇人 見据える2020の「その先」

>>「卓球で生きていく」 “パリ世代三銃士”宇田幸矢・戸上隼輔・木造勇人、覚悟と決意の挑戦

及川瑞基インタビュー

>>張本コーチの愛弟子・及川瑞基 「スピード×思考」の卓球で世界へ挑む

>>独ブンデス帰りで日本一 “右右ペア”18年ぶりVの裏側<及川瑞基>

>>来季も“ドイツでプロ続行” 2020に欧州を選ぶワケ<及川瑞基>

吉村和弘インタビュー


写真:吉村和弘/撮影:伊藤圭

>>第1話 鬼のオヤジに兄・真晴。卓球一家で生まれた吉村和弘の卓球人生の幕開け

>>第2話 吉村和弘、野田学園への転校、初の日本一から卓球人生最大の挫折へ

>>第3話 吉村和弘、「真晴の弟」からの脱却。諦めない男、和弘が突き進む「卓球道」

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt