【Tリーグ】森薗政崇が2勝 岡山リベッツが開幕戦勝利「唯一の勝ち筋だった」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:森薗政崇(岡山リベッツ)/提供:T.LEAGUE/アフロスポーツ

Tリーグ 【Tリーグ】森薗政崇が2勝 岡山リベッツが開幕戦勝利「唯一の勝ち筋だった」

2021.09.11 文:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2021-2022シーズン男子 岡山リベッツ vs T.T彩たま 9月11日 大田区総合体育館>

卓球のノジマTリーグ2021-2022(4thシーズン)男子は11日、昨年3位の岡山リベッツが同4位のT.T彩たまを3-2で下し、開幕初戦を白星で飾った。

第1マッチのダブルスと、第3マッチのシングルスに登場した森薗政崇(岡山リベッツ)は、9月に行われた世界選手権代表選考会で代表権を獲得した勢いそのままに、卓越した戦術で単複いずれも勝利した。

第2マッチには、東京五輪日本代表の丹羽孝希(T.T彩たま)が登場し、緩急とコースを自在に打ち分ける丹羽らしいスタイルで、Tリーグデビュー戦となった龍崎東寅(岡山リベッツ)を3-1で下した。

開幕初日カードの琉球-木下戦と同様、白熱した戦いはビクトリーマッチにもつれ込む。
勝負どころで台上からのチキータレシーブで得意な展開を作った吉村和弘(岡山リベッツ)が、上田仁(T.T彩たま)に勝利し、岡山リベッツは嬉しい開幕戦白星スタートとなった。

森薗「自分にできることをすべてやろう」

単複2勝でチームの勝利を引き寄せた森薗は試合後のインタビューで「試合前からチームみんなで話し合って、唯一の勝ち筋である、ダブルス、シングルス、そしてビクトリーで(吉村)和弘と、薄いところを引けました」と笑顔を見せた。

「昨シーズンは自分が調子を落とし、チームに貢献できなかった。世界卓球の選考会、このTリーグ開幕戦と、自分のできることをすべてやろうと思って準備してきた」と、手応えを口にした。

白神宏佑監督は「今年はベンチワークも大切にして、全員で優勝目指したい」と意気込む。今季の岡山リベッツに要注目だ。

岡山リベッツ 3-2 T.T彩たま

〇森薗政崇/町飛鳥 2-1 上田仁/曽根翔
11-9/8-11/11-9

龍崎東寅 1-3 丹羽孝希◯
6-11/3-11/11-10/9-11

〇森薗政崇 3-0 英田理志
11-8/11-7/11-7/

吉村和弘 1-3 松平健太〇
11-10/10-11/6-11/8-11

◯吉村和弘 1-3 上田仁
11-6

>>“三井住友海上所属の卓球選手”龍崎東寅 全日本5年連続ランカーはなぜ異例の進路を選んだのか

>>「活躍して注目されたい」一流企業の名を背負い戦う龍崎東寅に芽生えた自覚

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt