【卓球・Tリーグ】チケット価格が公表 他リーグとの値段を比較してみた


*写真はTリーグユニフォーム発表会見に出席した(左から)吉村真晴(T.T彩たま)、張本智和(木下マイスター東京)、上田仁(岡山リベッツ)、丹羽孝希(琉球アスティーダ)

9日12時より、卓球新リーグ・Tプレミアリーグ(以下、Tリーグ)の開幕戦(両国国技館)を含む10月・11月の観戦チケットの販売が始まった。

それに伴い、公式サイトでチケット価格が公表された。そこでRallysではTリーグのチケット価格と他卓球リーグ、及び他スポーツリーグのチケット価格の比較を行ってみた。

Tリーグチケット価格

10/24.25 開幕戦

<チケット料金>

<会場見取り図>

11/17・18 アリーナ立川立飛 (東京)・男子

<チケット料金>

<会場見取り図>

他国卓球リーグとの比較

超級リーグ(中国)

超級リーグは、中国のプロ卓球リーグで、そのレベルは世界最高峰とも言われている。現世界王者の馬龍(8月度世界ランキング7位)、女王の丁寧(8月度世界ランキング7位)に加え、中国の世界ランクトップ層が参加している。

チケット価格は試合や会場にもよるが通常のシーズンの試合では80元〜300元、日本円で1600円〜6000円(1元20円とする)ほどであることが多い。

ブンデスリーグ(ドイツ)

<8/17 Borussia Düsseldorf vs TTC RS Fulda-Maberzell ドイツ1部リーグ>

ブンデスリーグはドイツのプロ卓球リーグでドイツのエース、ティモ・ボル(同3位・Borussia Düsseldorf)や、その他海外のトップ選手が在籍している。日本人が海外武者修行のために在籍することも珍しくなく、水谷隼(同12位)や岡山リベッツの森薗政崇(同41位)、木下アビエル神奈川の浜本由惟(同31位)などもブンデスリーグを経験している。

チケット価格は10ユーロ〜53ユーロ、日本円で1300円〜6890円ほどだ。(1ユーロ130円とする)

他スポーツリーグとの比較

Jリーグ(サッカー)

<8/15 FC東京 vs 柏レイソル 明治安田生命J1リーグ>

Bリーグ(バスケットボール)

<9/7 Bリーグ アーリーカップ 2018関東(セントラル形式の試合)>

チケット比較まとめ

Tリーグ開幕戦 3,000円〜100,000円
Tリーグ通常戦 1,000円〜18,000円
超級リーグ 1,600円〜6,000円
ブンデスリーグ 1,300円〜6,890円
Jリーグ 600円〜6,200円
Bリーグ 1,400円〜12,000円

いかがだったろうか。会場やチームによって価格は異なるが、結果Tリーグのチケット価格は他リーグに比べてやや高めと言える。中でも開幕戦の100,000円は思い切った価格設定だが、両国国技館という特別な舞台で開催されるため、プレミアムな演出にも期待が高まる。

チケット価格について今後変動があるかどうかは定かではないが、Tリーグが卓球界を盛り上げる一大ムーブメントになるか、注目が集まる。

文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

【卓球・Tリーグ】開幕戦先行チケットは4万円 国技館での初戦は彩たまVS木下
浜本由惟が語る、独ブンデスリーグとTリーグ【卓球・Tリーグ開幕直前インタビュー#1】
2018年8月8日 【卓球・Tリーグ】“才色兼備”浜本由惟が木下アビエル神奈川から参戦
【卓球・Tリーグ】岡山リベッツが世界ランク8位の李尚洙含む4選手獲得
【卓球・Tリーグ男子】2018-2019シーズンの試合日程・場所・対戦カードが決定

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする