加藤美優が2年連続銅メダル!【世界ジュニア卓球選手権:女子シングルス】


文:中川正博(ラリーズ編集部)
写真:getty
<11月26日〜12月3日 2017年世界ジュニア卓球選手権 (イタリア / リーヴァ・デル・ガルダ)>

2017年世界ジュニア卓球選手権女子シングルスの日本選手結果

大会最終日となる12月3日(以下、現地時間)は、女子シングルスの準決勝、決勝が行われた。準決勝戦のカードは、加藤美優(ITTF世界ランキング17位、11月発表現在)と王曼昱(同10位、中国)、孫穎莎(同9位、中国)と銭天一(同92位、中国)のカードとなり、決勝は順当に孫穎莎と王曼昱のカードとなった。決勝は、白熱した試合の末、孫穎莎が優勝となった。

平野美宇、伊藤美誠、早田ひならが不参加の中、キャプテンとしてチームを引っ張った加藤美優が躍進し、昨年に続き2年連続でベスト4に入賞した。

加藤美優が昨年に続く銅メダル獲得!

今大会の加藤は、準々決勝で去年の世界ジュニアシングルス女王の石洵瑶(同79位、中国)と対戦することが予想されていたが、石洵瑶が決勝トーナメント2回戦でチャン・シュアン(スペイン)に敗れるという波乱が起きていた。

大事なメダル決定の準々決勝に、そのまま勝ち上がり勢いのあるチャン・シュアンに対して、加藤は全くひるんでいなかった。

サウスポーで長身を生かしたサービスとスマッシュが特徴的なチャンが、思い切りのよいプレーを幾度となく繰り出したが、加藤が冷静なコース取りと緩急で圧倒し、2年連続となるメダル獲得を決めた。2ゲーム目を18-16で逆転で奪取したことが勝負を分けた。

迎えた準決勝では、2年前、3年前の同大会女王の王曼昱と対戦。本大会の団体戦では0-3で負けているため、十分な対策を練って迎えた加藤が1ゲーム目を12-10で取った。元女王の王曼昱も譲らず、2ゲーム目を奪われてしまうが、3ゲーム目は加藤に流れが戻り10-7とリードするも王曼昱の思い切りのいいプレーに5点連取され、このゲームも結果的に失ってしまった。その後も王曼昱の安定感の前に一本及ばず、1-4で敗戦した。

その他の日本勢としては、木原(同106位)は2回戦で負けてしまったものの、長崎(106位)と木村(同ランク外)がベスト8入賞。準々決勝では、長崎も木村もともに中国選手相手に互角の戦いを見せた。特に今回メンバーに大抜擢された木村は、銭天一を相手に一歩も譲らなかった。結果は2-4負けであったが、デュースを2ゲーム落としており、本当に惜しい敗戦となった。

世界ランク9位・10位の戦いは9位の孫穎莎に軍配

世界ランク9位の孫穎莎と世界ランク10位の王曼昱という世界的にもハイレベルな対戦カードとなった、中国の同士討ちによる決勝戦は、予想通りの大激戦になった。

孫穎莎のフォアハンド対、王曼昱の両ハンドという構図が見ていて面白く、ゲームカウント2-2となった5ゲーム目を2-7のビハインドから逆転して取った王曼昱がそのまま勝ち切るかと思われた。しかしながら初の世界ジュニアシングルスのタイトルを狙う孫穎莎も譲らず、6ゲーム目を取り返す。勝負の最終ゲームは互いに一歩も譲らず、息をのむ打撃戦の末、14-12で孫穎莎の喜びの声が響いた。
結果的に孫穎莎が団体戦、女子ダブルス、シングルスで3冠、王曼昱が団体戦、混合ダブルスで2冠と、ライバルである2人がタイトルを総なめした。

2017年世界ジュニア:女子シングルス結果

女子シングルス優勝:孫穎莎(中国)、準優勝:王曼昱(中国)、ベスト4:銭天一(中国)、加藤美優

2017年世界ジュニア:女子シングルスの主な日本選手の結果

女子シングルス

決勝トーナメント1回戦
長﨑美柚 4(5,1,5,-7,5)0 チェコバ(チェコ)
木村光歩 4(8,5,5,-9,7)0 トリゴロス(ベラルーシ)
加藤美優 4(6,2,2,1)0 マテジョフスカ(チェコ)
木原美悠 4(6,7,-9,9,9)0 ビグニェビッチ(セルビア)

決勝トーナメント2回戦
長﨑美柚 4(4,7,5,10)0 プライアン(ルーマニア)
木村光歩 4(7,-11,7,9,7)1 ドラゴマン(ルーマニア)
加藤美優 4(1,6,4,4)0 ザハリア(ルーマニア)
木原美悠 2(-8,-4,6,6,-10,-8)4 カマス(インド)

決勝トーナメント3回戦
長﨑美柚 4(5,-8,5,6,8)1 タカハシ(ブラジル)
木村光歩 4(5,9,7,-8,5)1 ディアス(プエルトリコ)
加藤美優 4(-7,-7,10,7,6,8)2 金智淏(韓国)

準々決勝
長﨑美柚 1(7,-7,-6,-9,-5)4 孫穎莎(中国)
木村光歩 2(-12,-11,-6,11,11,-7)4 銭天一(中国)
加藤美優 4(7,16,7,-7,5)1 チャン・シュアン(スペイン)

準決勝
加藤美優 1(10,-5,-10,-7,-9)4 王曼昱(中国)

試合結果の見方

表記ルール: 選手名A ゲーム数(各ゲームのポイント)ゲーム数 選手名B

各ゲームのポイントの表記例: 選手Aが選手Bと対戦し、1ゲーム目11対6、2ゲーム目11対5、3ゲーム目12対10で選手Aが勝ち、選手Bが負けた場合、
「選手A 3(6,5,10)0 選手B」 または 「選手B 0(-6,-5,-10)3 選手A」 と表記。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう