日本男子初戦 ベルギーを寄せ付けず圧勝【世界卓球2018】 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
日本男子初戦 ベルギーを寄せ付けず圧勝【世界卓球2018】
2018.04.30

日本男子初戦 ベルギーを寄せ付けず圧勝【世界卓球2018】

<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

世界卓球2018 日本男子 予選第1戦の結果

29日、卓球の世界選手権がスウェーデン・ハルムスタッドで開幕し、日本男子は初戦となるベルギー戦で勝利。幸先の良いスタートを切った。

丹羽孝希(スヴェンソン・4月度世界ランク9位)、張本智和(JOCエリートアカデミー・同13位)、松平健太(木下グループ・同14位)がメンバーに入り、水谷隼(木下グループ・同11位)はオーダーに入らなかった。

1戦目は日本人世界ランクトップの丹羽。
台から離れて勝負をする相手に対して、持ち前の台の近くでの高速卓球を展開、2ゲームを先取した。
第3ゲームこそ競ったものの、近年強化してきた台から離れたラリー戦に上手く持ち込み、速攻と守りで緩急をつけたプレーで相手選手を錯乱し、最後は丹羽らしいカウンタープレーで有終の美を飾った。

2戦目は世界卓球団体最年少出場選手の張本智和が登場。団体戦ではエースポジションに当たる2番手に起用。
団体戦は初出場の張本だったが、世界一とも言われるバックハンドを活かして、向かってくる好調の相手を寄せ付けなかった。
3ゲーム目の相手選手のタイムアウト後も全く流れを渡さず、ストレート勝ち。

3戦目は27歳で今やベテランの域に足を踏み入れた松平健太が登場。
相手のYGサーブに苦戦してデュースで1ゲームを奪われるも、特徴であるしゃがみ込みサーブ(ボールと共に膝を曲げてしゃがみ込み、ボールの落下速度を利用して強い回転を出すサーブ)やカウンタープレーを武器に勝利。強化したバックハンドも光った。

世界卓球2018男子グループC第1戦:日本 3-0 ベルギー

丹羽孝希 3-0 ニュイティンク
11-3/11-4/11-7

張本智和 3-0 ランビエ
11-8/11-8/11-4

松平健太 3-1 デボ
11-5/11-13/11-7/11-9

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.04.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
16536 pt
2
許キン(中国)
15095 pt
3
林高遠 (中国)
15031 pt
1
張本智和(日本)
14625 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
12165 pt
女子ランキング
2019.04.21
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
16059 pt
3
陳夢 (中国)
15194 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
13880 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US