予選最終戦、進化した大島が圧倒。決勝へ弾み【世界卓球2018】


<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

世界卓球2018 日本男子 予選第5戦の結果

男子日本代表の予選第5戦が日本時間5月3日午後5時から行われた。
予選の最終戦となった本試合の対戦相手は、ベテランのガオ・ニンを擁するシンガポール。

決勝トーナメントに向けて調整をしたい日本男子は、水谷隼(木下グループ・4月度世界ランク11位)、張本智和(JOCエリートアカデミー・同13位)、大島祐哉(木下グループ・同29位)を起用した。

第1試合:張本智和 3-0 ガオ・ニン

決勝トーナメントに向けて大事な試合、1番手として起用された張本智和はシンガポールのエースであるガオ・ニンと対戦。安定感のあるスタイルのガオ・ニンに対して、張本は強気に攻め込み、得意のチキータやコースの良いバックハンド攻撃で序盤から得点を重ねていく。中盤以降も、下回転の短いサービスを有効に使い、ベテランを圧倒。“シンガポールの英雄”と名高いガオ・ニンにストレート勝ちを収める。

第2試合:水谷隼 3-0 ポー・シャオフォン

張本から良い流れでバトンを受け取った水谷隼は、シンガポールの若手選手ポー・シャオフォンと対戦した。水谷の得意とするストップレシーブを有効に活用し、相手の攻撃を防ぐ戦術で第1ゲームを先制。第2ゲーム以降も、同じ戦術を徹底しながらも余裕を感じさせるプレーで、日本のエースとしての頼もしさを見せた。結果としてポー・シャオフォンに思うようなプレーをさせずにストレート勝ち。今大会初出場の大島に良い形でバトンを繋いだ。

第3試合:大島祐哉 3-0 ベー・クンティン

3番手は今大会初出場となった大島祐哉。対戦相手のベー・クンティンは16歳、シンガポールの新星だ。大島は武器であるフォアハンドを活かしながらも、課題として取り組んできたバックハンドの強化の成果をいかんなく発揮。大島が両ハンドを活かした新たな攻撃スタイルを見せつけた。試合内容も、張本・水谷に続き、相手を圧倒。今大会初出場の大島が、完璧な形で予選リーグを締めくくった。

世界卓球2018男子グループC第5戦:日本 3-0 シンガポール

張本智和 3-0 ガオ・ニン
11-5 / 11-4 / 11-6

水谷隼 3-0 ポー・シャオフォン
11-8 / 11-4 / 11-5

大島祐哉 3-0 ベー・クンティン
11-3 / 11-5 / 11-3

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

関連リンク

【特集:Rallys×世界卓球2018】ハルムスタッドでの熱戦の模様を随時更新中
日本女子 予選全試合ストレート勝利で決勝T進出【世界卓球2018】
マツケンが「台湾の張本」下し決勝T進出へ【世界卓球2018・日本男子】
【特集:東京2020期待の星】大島祐哉、水谷の新パートナー確定となるか

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする