伊藤が一矢報い、価値ある銀メダル【世界卓球2018・日本女子】 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
伊藤が一矢報い、価値ある銀メダル【世界卓球2018・日本女子】
2018.05.06

伊藤が一矢報い、価値ある銀メダル【世界卓球2018・日本女子】

<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

世界卓球2018 日本女子 決勝の結果

世界卓球2018の女子決勝戦が、日本時間5月5日21:30より行われた。決勝戦のカードは日本vs中国。

念願の優勝に向けて、日本は伊藤美誠(スターツSC・4月度世界ランキング7位)、平野美宇(日本生命・同6位)を2点起用、石川佳純(全農・同3位)を1点に抑えるオーダーで挑んだ。

第1試合:伊藤美誠 3-2 劉詩雯

流れを作る大事な1番を任されたのは伊藤。中国を支えるトップ選手の一人である劉詩雯に対し、第1ゲームからチキータを含めた多彩な台上技術や厳しいコースへの積極的な攻撃を見せた。その結果11-9で1ゲームを先取。中国ベンチにプレッシャーを与えた。しかし2ゲーム目からは劉詩雯の長いサービスに苦戦。ラリーで打ち抜くことも徐々に難しくなり、第2、第3ゲームを連続で失った。

後がない伊藤は強気の攻撃に展じ、続くゲームを奪取。勝負を最終ゲームに持ち込んだ。ファイナルゲームは得意技「みまパンチ」を繰り出しながら8-10という逆境を乗り越え、逆転勝利。日本チャンピオンの意地を見せ、平野に最高のバトンを渡した。

第2試合:平野美宇 0-3 丁寧

伊藤から勝利のバトンを引き継いだ平野。対するは世界チャンピオンの丁寧。平野はアジア選手権で丁寧を破っているため、徹底した対策を講じられた。平野が得意とするバックハンドからの展開を作れず、第1ゲームを失う。第2ゲームは相手に先に打たせる展開をうまく使いながら得点を重ねたが、10-12で落とし、後がなくなった。平野らしい高速プレーを見せるも、一歩及ばず第3ゲームは11-13。2ゲームをデュースまで持ち込んだが、結果的にストレートでの敗戦を喫した。

第3試合:石川佳純 0-3 朱雨玲

何としても流れを取り戻したい日本。エースの石川佳純と、前回の対戦で完敗している朱雨玲の対戦となった。第1ゲーム、第2ゲームと止まらない朱雨玲の猛攻。何とか食い下がる石川であったが、2ゲームを立て続けに奪われてしまう苦しい展開に。日本のエース石川をもってしても有効な手を打てず、そのまま敗戦。これにより日本女子チームは窮地に立たされた。

第4試合:平野美宇 0-3 劉詩雯

4番のカードは平野と劉詩雯。1ゲーム目から超高速ラリーの展開が続くが、劉詩雯の回転量のあるボールを抑えきれず、先制を許してしまう。続く第2ゲームも流れは変わらず、ゲームカウント0-2と追い込まれた。3ゲーム目になり、平野にサービスエースやバックハンドでの得点の機会が増加。一時は10-7とリードしたが、そこから連続得点で逆転負けを喫し、世界卓球2018での打倒中国の夢は叶わず、ここで幕を閉じた。

世界卓球2018 女子団体 決勝 結果詳細

日本 1-3 中国

伊藤美誠 3-2 劉詩雯
11-9 / 8-11 / 5-11 / 11-8 / 12-10

平野美宇 0-3 丁寧
6-11 / 10-12 / 11-13

石川佳純 0-3 朱雨玲
4-11 / 7-11 / 8-11

平野美宇 0-3 劉詩雯
6-11 / 6-11 / 10-12

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.04.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
16536 pt
2
許キン(中国)
15095 pt
3
林高遠 (中国)
15031 pt
1
張本智和(日本)
14625 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
12165 pt
女子ランキング
2019.04.21
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
16059 pt
3
陳夢 (中国)
15194 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
13880 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US