男子団体は中国、韓国、ドイツ、スウェーデンがメダル確定【世界卓球2018】


<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

世界卓球2018 男子 準々決勝の全結果

世界卓球2018男子団体決勝トーナメント 5/5更新
世界卓球2018の男子団体準々決勝が5月4日に行われた。結果は中国、韓国、ドイツ、スウェーデンが4強入り。メダルを確定させた。日本男子は韓国に1-3で敗れ、苦杯をなめた。

中国 3-0 オーストリア

中国は1番の馬龍が想定外の苦戦を強いられた。向かってくる対戦相手ガルドシュの勢いに苦しみ、馬龍はゲームカウント1-2の劣勢に立たされる。しかしさすがは世界チャンピオン。馬龍がフルゲームで勝利し、中国のエースとしての役割を果たした。続く2番の許昕、3番の樊振東は相手をまったく寄せ付けず圧勝。王者中国の力を見せつけた。

韓国 3-1 日本

1番で張本智和(JOCエリートアカデミー・4月度世界ランク13位)が鄭栄植にフルゲームの末敗れると、続く水谷隼(木下グループ・同11位)が李尚洙に勝利し1本返した。しかし3番の松平健太(木下グループ・同11位)も敗れてしまう。後がない日本は、再びエース水谷を迎えるも、絶好調の鄭栄植を止めることができず敗戦。これにより韓国が日本を下し、メダルを確定させた。

スウェーデン 3-0 イングランド

何としてもメダルを獲得したい開催国スウェーデン。対戦相手は予選リーグで日本を破っているイングランドとなった。1番でスウェーデンのサウスポー、K.カールソンがイングランドのドリンコールを3-0で完封。これで流れにのったスウェーデン、2番もM.カールソンがピッチフォードとのフルゲーム11-9の激戦を制し、メダルに王手をかけた。勢いそのままに3番のパーソンも、イングランドのウォーカーに快勝。蓋を開けてみれば3-0で開催国スウェーデンの勝利となった。スウェーデンは開催国として嬉しいメダル獲得が決定。準決勝では中国と対戦する予定である。

ドイツ 3-1 ブラジル

ドイツはこの試合、ボルが欠場、オフチャロフを3番での起用というオーダーで臨んだ。1番はブラジルの若きエースであるカルデラノに軍配があがったものの、2番以降はすべてドイツが取得。2番でドイツのカットマン、フィルスがジョウチに勝つと、3番のオフチャロフもツボイを寄せ付けなかった。4番で再びフィルスが登場すると、カルデラノからフルゲームでの勝利を奪う活躍を見せた。ドイツは準決勝で日本を破った韓国と対戦する予定だ。

文:ラリーズ編集部
写真:新華社/アフロ

関連リンク

【特集:Rallys×世界卓球2018】ハルムスタッドでの熱戦の模様を随時更新中
日本男子、韓国に敗れメダル獲得ならず【世界卓球2018 男子準々決勝】
石川がピンチ乗り越えコリアに劇的勝利 決勝進出を決める【世界卓球2018・日本女子】
【シリーズ/徹底分析】張本vsサムソノフ 〜チキータ封じを突破した2つの戦術〜【世界卓球2018】
【特集:東京2020期待の星】張本とのペアで中国連破 木造勇人とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする