韓国OP優勝の朱雨玲が1位キープ|女子世界ランキング(8月最新発表)


*写真は韓国オープン2018の朱雨玲(中国)

劉詩雯と丁寧が大幅ランクアップ

8月発表の世界ランキングには、7月に行われたITTFワールドツアープラチナのオーストラリア大会と韓国大会の結果が反映されている。

先月1位だった朱雨玲(中国)は韓国オープンで優勝し、ランキングポイントを500近く伸ばして1位を維持している。先月6位の劉詩雯(中国)はオーストラリアOPの優勝、韓国OPのベスト4によって先月からポイントを2000近く加算。2018年からのランキング新システム導入以降、自己最高の2位となった。

丁寧(中国)はオーストラリアで2位、韓国でベスト16の成績を残し、7月の17位から7位となり、新システムで初のトップ10入りとなった。2017年までは常に3位以内を保ち、世界選手権デュッセルドルフの王者でもある丁寧がやっとトップ10入りしたのも新世界ランキングの罠か。選手は大会に多く参加し、結果を残し続けなければならない。今後大会参加を重ねれば、さらに上位に進出するだろう。

日本トップは石川佳純の4位

日本選手はトップが先月と変わらず4位の石川佳純。伊藤美誠、平野美宇はともに一つ順位を落とし、それぞれ6位と9位だ。

日本選手で大きくランクアップしたのが安藤みなみだ。オーストラリアOPと韓国OPでともにベスト32に入り、74位から46位に大きく順位を上げた。自身初の50位以内だ。

2018年8月の女子世界ランキング

女子世界ランキングトップ10

1(1) 朱雨玲(中国)
2(6)  劉詩雯(中国)
3(3) 陳夢(中国)
4(4) 石川佳純(日本)
5(2) 王曼昱(中国)
6(5) 伊藤美誠(日本)
7(17) 丁寧(中国)
8(9)  鄭怡静(台湾)
9(8) 平野美宇(日本)
10(7) 陳幸同(中国)
選手名右の数字はランキングポイント

日本女子世界ランキング(50位まで)

4(4) 石川佳純
6(5) 伊藤美誠
9(8) 平野美宇
14(14) 佐藤瞳
16(15) 早田ひな
18(18) 加藤美優
19(20) 芝田沙季
27(24) 橋本帆乃香
31(27) 浜本由惟
38(38) 長崎美柚
42(35) 森さくら
46(74) 安藤みなみ

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ