卓球男子世界ランキング(2022年第30週)|張本が再び4位に上昇 ランク1位はペナルティーでポイント減に | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和(IMG)/提供:WTT

卓球世界ランキング 卓球男子世界ランキング(2022年第30週)|張本が再び4位に上昇 ランク1位はペナルティーでポイント減に

2022.07.27

文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は7月26日、2022年第30週の世界ランキングを発表した。今週はWTTフィーダー・ブダペストとWTTチャンピオンズ・ブダペスト(ヨーロピアンサマーシリーズ2022)の結果が反映されている。

WTTチャンピオンズ制覇の張本が4位へ


写真:張本智和(IMG)/提供:WTT

男子世界ランキングトップ10内では、先日のWTTチャンピオンズ・ブダペスト大会で優勝を飾った張本智和(IMG)が8位から4位に上昇し、中国勢以外ではトップとなった。


写真:林高遠(リンガオユエン・中国)/提供:WTT

また、同大会準優勝の林高遠(リンガオユエン・中国)は20位から12位へとランクアップし、トップ10入り目前まで迫っている。


写真:篠塚大登(愛知工業大)/提供:WTT

日本勢では、同大会ベスト8の宇田幸矢(明治大)が26位から22位に、WTTフィーダー・ブダペストで4強に入った篠塚大登(愛知工業大)が58位から53位へと順位を上げている。

世界ランク1位・樊振東がポイント減


写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/提供:WTT

2022年7月現在、不動の1位を走る樊振東(ファンジェンドン・中国)であったが、今回のWTTチャンピオン・ブダペスト大会を辞退したことにより、WTTからぺアルティが課された。

樊振東は、ポイントに計上される8大会のうち最も低い東京五輪の時の1400ポイントが減点となったほか、今後のポイント計上は、今回のWTTチャンピオンブダペストの0ポイントを含む7大会へと制限された。

男子シングルス世界トップ10、日本男子シングルスの100位まで、男子ダブルストップ5、混合ダブルストップ5は以下の通り。

男子シングルス世界ランキングトップ10

1 樊振東(中国) 5500
2 馬龍(中国) 3700
3 梁靖崑(中国) 3085
4 張本智和(日本) 3020
5 トルルス・モーレゴード(スウェーデン) 2800
6 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル) 2590
7 林昀儒(チャイニーズタイペイ) 2145
8 ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア) 2145
9 ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ) 2015
10 王楚欽(中国) 1910

※選手名右の数字はランキングポイント

日本男子シングルス世界ランキング(100位以内)

4 張本智和(IMG) 3020
22 宇田幸矢(明治大) 968
40 戸上隼輔(明治大) 475
53 篠塚大登(愛知工業大) 367
63 丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス) 295
68 木造勇人(個人) 264
86 森薗政崇(BOBSON) 183

※選手名右の数字はランキングポイント

男子ダブルス世界ランキングトップ5

1 戸上隼輔/宇田幸矢(日本) 3395
2 クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン) 2640
3 樊振東/王楚欽(中国) 2350
4 張禹珍/林鐘勲(韓国) 2100
5 邱党/ベネディクト・デューダ(ドイツ) 2060

※選手名右の数字はランキングポイント

混合ダブルス世界ランキングトップ5

1 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 4620
2 王楚欽/孫頴莎(中国) 4000
3 エマニュエル・ルベッソン/ユアン・ジャナン(フランス) 3325
4 張本智和/早田ひな(日本) 2570
5 黄鎮廷/杜凱琹(中国香港) 2060
※選手名右の数字はランキングポイント

【ドロー決定】高校生王者に輝くのは?8シードに愛工大名電4人、野田学園3人 卓球インターハイ2022男子シングルス組み合わせ

【人気動画】大学卓球部潜入企画

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt