卓球男子世界ランキング(2022年第51週)|英田理志が456ランクアップ 自己最高位の119位に | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:英田理志(愛媛県競技力向上対策本部)/撮影:ラリーズ編集部

卓球世界ランキング 卓球男子世界ランキング(2022年第51週)|英田理志が456ランクアップ 自己最高位の119位に

2022.12.20

文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は12月20日、2022年第51週の世界ランキングを発表した。今週はWTTフィーダーフォトローダーデールの結果が反映されている。

英田理志が456ランクアップ


写真:英田理志(愛媛県競技力向上対策本部)/提供:WTT

男子世界ランキングトップ10の顔ぶれに変化は見られなかった。日本勢では、WTTフィーダーフォトローダーデールの男子シングルスで優勝を果たした英田理志(愛媛県競技力向上対策本部)が456ランクアップし、自己最高位である119位に急浮上した。

その他の日本勢では、張本智和(IMG)がトップの2位、宇田幸矢(明治大)が23位、篠塚大登(愛知工業大)が29位、戸上隼輔(明治大)が46位にランクインした。


写真:シモン・ゴジ(フランス)/提供:WTT

また海外勢では、WTTフィーダーフォトローダーデールで準優勝を果たしたシモン・ゴジ(フランス)が2つ順位を上げ、31位にランクインした。

男子シングルス世界トップ10、日本男子シングルスの100位まで、男子ダブルストップ5、混合ダブルストップ5は以下の通り。

男子シングルス世界ランキングトップ10

1 樊振東(中国) 7700
2 張本智和(日本) 4550
3 馬龍(中国) 4400
4 王楚欽(中国)4345
5 トルルス・モーレゴード(スウェーデン)3345
6 梁靖崑(中国) 2985
7 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル) 2930
8 林昀儒(チャイニーズタイペイ) 2730
9 ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ) 2705
10 ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア) 2285

※選手名右の数字はランキングポイント

日本男子シングルス世界ランキング(100位以内)

2 張本智和(IMG) 4550
23 宇田幸矢(明治大) 1148
29 篠塚大登(愛知工業大) 912
46 戸上隼輔(明治大) 475
72 及川瑞基(木下グループ) 289
74 木造勇人(個人) 283

※選手名右の数字はランキングポイント

男子ダブルス世界ランキングトップ5

1 戸上隼輔/宇田幸矢(日本) 3395
2 クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン) 3095
3 樊振東/王楚欽(中国) 2350
4 張禹珍/林鐘勲(韓国) 2174
5 邱党/ベネディクト・デューダ(ドイツ) 2060

※選手名右の数字はランキングポイント

混合ダブルス世界ランキングトップ5

1 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 4620
2 王楚欽/孫頴莎(中国) 4000
3 エマニュエル・ルベッソン/ユアン・ジャナン(フランス) 3650
4 張本智和/早田ひな(日本) 2570
5 マニカ・バトラ(インド)/サティアン・グナナセカラン(インド) 2095

※選手名右の数字はランキングポイント

注目動画

英田理志インタビュー(2020年4月)


写真:英田理志/撮影:伊藤圭

>>英田理志 異例の“試合中止“と”国境閉鎖” コペンハーゲンからの緊急帰国劇

>>英田理志、北欧挑戦3年目で掴んだ「リーグ個人1位」の理由

>>英田理志「日本より進んでいる」Skype,IKEA輩出するスウェーデンの豊かな生き方

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt