ナイジェリアの45歳・2児の母、7大会目の五輪出場へ 女子選手初の快挙 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:オルフンケ・オショナイケ(ナイジェリア)/提供:ittfworld

卓球プレーヤー向け ナイジェリアの45歳・2児の母、7大会目の五輪出場へ 女子選手初の快挙

2020.06.04 文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は、3日、卓球ナイジェリア女子代表のオルフンケ・オショナイケをホームページ上で取り上げた。

45歳の大ベテラン・オショナイケは、東京五輪シングルス出場権を獲得しており、1996年のアトランタ五輪から通算7大会目の出場となる。これは女子卓球選手として初の快挙だ。

>>卓球五輪代表、最年長・最年少記録は?50代で出場の大ベテランも

2児の母、7大会目の五輪出場へ

オショナイケはリオ五輪後、手術を行ったこともあり、東京五輪に出場できるかは不透明であったという。ただ、彼女は、当時44歳で2児の母でありながらも夢をあきらめず、東京五輪女子シングルス代表の座を掴み取った。

「私にとって最後の大会なので、ベストを尽くすつもりです」とオショナイケは最後の晴れ舞台に向けて準備を進めている。


写真:オルフンケ・オショナイケ(ナイジェリア)/提供:ittfworld

ナイジェリア女子卓球界を代表する選手である45歳のオショナイケは、若手選手が出てこないことに危機感を覚えている。

「私はナイジェリアの若い選手たちのために、もっと何かをしたいと思っています。ナイジェリアでスポーツをしている子供たちは、裕福な家庭ではなく、低所得者層の子供たちです。道具を手に入れるのはとても大変です。しかし、ナイジェリアにはたくさんの才能があります」と若手選手に思いを寄せる。

「ナイジェリアには残念ながら今は良いコーチがいません。コーチたちはこのことで私に怒るかもしれませんが、ナイジェリアにはいないと言わざるを得ません。ナイジェリアには才能ある女性がたくさんいますが、問題はトレーニングです」とナイジェリア女子卓球界の発展には、良い指導者が不可欠だと警鐘を鳴らしている。

長い旅の終点は東京

オショナイケが引退を決意して臨む東京五輪は、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期となった。


写真:リオ五輪でのオショナイケ(ナイジェリア)/提供:ittfworld

「大会が延期されたことに驚いてはいません。大会が延期されたことで、選手たちはしっかりと準備をすることができるようになりますし、私にとても助かります」とポジティブに捉えている。

オショナイケが、アトランタ、シドニー、アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロと歩んできた長い旅は、東京で終わりを告げる。東京の舞台でどのようなプレーを見せてくれるのか。オショナイケの戦いから目が離せない。

>>「45歳まで卓球続ける」 ベテラン吉田海偉、“長寿”の秘訣は家族の支え<後編>

男子ランキング
2020.11.27
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.11.27
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt