卓球中国代表、8月に東京五輪模擬大会を開催 中国人Tリーガーも参戦へ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2019年チームワールドカップでの中国男子代表/提供:ittfworld

卓球プレーヤー向け 卓球中国代表、8月に東京五輪模擬大会を開催 中国人Tリーガーも参戦へ

2020.07.29 文:ラリーズ編集部

中国卓球協会(CTTA)は28日、8月8日から21日にかけて東京五輪の模擬大会を行うことを発表した。

>>あの日、日本卓球協会が中国代表の受け入れに動いた理由

卓球王国・中国が東京五輪に向け模擬大会

中国卓球協会は、質の高い大会を通じて中国代表チームの最近の練習成果を試すとともに、東京五輪に備えるため模擬大会を開催することを決めた。

模擬大会では東京五輪と同スケジュールで似た会場など、できる限り本番に近い形で行われるように設計されているという。

種目は本番同様に混合ダブルス、男女シングルス、男女団体戦で争われ、8月8日から2週間に渡り実施される。

男子参加選手にはTリーガーも

男子の参加選手の中には、ベテラン枠としてTリーグ・木下マイスター東京で活躍した侯英超(ホウエイチョウ)の参加が予定されている。

侯英超は、40歳のベテランカットマンながら、Tリーグ2ndシーズンでは11勝をあげ、シーズンMVPに輝いた。2019年には全中国卓球選手権で優勝しており、中国国内でも戦える実力を備えている。


写真:侯英超(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

一方、女子は、木子(ムズ)や武楊(ウーヤン)ら総勢43名が参加するが、リオ五輪金メダリストの丁寧(ディンニン)はコンディション調整のため、世界卓球女王の劉詩雯(リュウスーウェン)は怪我の回復途中であるため、欠場となった。


写真:丁寧(ディンニン・中国)/提供:ittfworld

女子チームの李隼コーチは「この模擬試合のレベルは本物の五輪よりも高いと考えています。私は誰もがこの試合を本物の五輪のように扱い、2人のベテラン選手(丁寧、劉詩雯)不在の中で、特に若手選手がアピールしてほしい」と語っている。

北京、ロンドン、リオデジャネイロと3大会連続で団体戦金メダルを獲得している絶対王者・中国。東京五輪が1年延期となった中、来る2021年の本番に向けて入念な準備を行っており、卓球王国・中国の強さの一端が垣間見える発表となった。

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.21
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt