小学生の卓球日本代表選考合宿、10月開催へ 松島輝空・木原美悠の弟も参加 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2020年全日本選手権での植田杏(TTC平屋)/撮影:ラリーズ編集部

卓球プレーヤー向け 小学生の卓球日本代表選考合宿、10月開催へ 松島輝空・木原美悠の弟も参加

2020.08.20 文:ラリーズ編集部

日本卓球協会は18日、2020年度男女ホープスナショナルチーム(HNT)選考合宿を東日本ブロック、西日本ブロックにわけて開催すると発表した。10月1日に福島県で東日本ブロックが、10月2日に岡山県で西日本ブロックが開催される。

>>小学生から大人まで 全農が幅広い世代の卓球をサポートするワケ

ホープスナショナルチーム選考合宿を開催へ

2020年3月31日から4月2日に実施予定だった男女HNT選考合宿は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い延期となっていた。日本卓球協会は開催に向けて検討を重ね、感染防止対策を徹底した上で、東日本ブロック、西日本ブロックに分けて開催することを決定した。

毎年行われる選考合宿では、総当たりリーグ戦の成績上位者やリーグ戦、学力テスト、体力測定の合計得点の高い選手がHNT代表選手として選出される。

全日本プレーヤーや有名選手の弟も参戦

今回の選考合宿では、ホープス・カブ・バンビの部で、小学1年生から小学6年生までの未来の日本代表が参加を予定している。

東日本ブロックの女子ホープスの部には、2020年の全日本選手権ジュニアの部(高2以下)に小学生ながら出場した植田杏(小6・TTC平屋・埼玉)が参加予定。

また、西日本ブロックの男子ホープスの部には松島輝空(JOCエリートアカデミー/星槎)の弟・松島翔空(小5・田坂卓研・京都)、男子バンビの部には木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)の弟・木原寿馬(小1・ALL STAR・兵庫)が名を連ねている。

補足:ホープス・カブ・バンビの部とは

「ホカバ」とも呼ばれるホープス・カブ・バンビの部は、小学6年生以下の「ホープスの部」、小学4年生以下の「カブの部」、小学2年生以下の「バンビの部」から構成される。バンビの部のみ高さ66cmの小さな卓球台が使用される。(通常は高さ76cm)

>>全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビの部 歴代優勝者一覧

平野早矢香に聞く「私のホカバ時代」

>>「ホカバのライバルは今日の友」【私のホカバ時代・平野早矢香】

>>「試合のない今、大切な二つのこと」【私のホカバ時代・平野早矢香】

男子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt