【卓球初心者必見】フォアドライブの基本 打ち方や練習方法を解説 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球技術・コツ 【卓球初心者必見】フォアドライブの基本 打ち方や練習方法を解説

2020.09.17 文:ラリーズ編集部

フォアドライブは、最も多く使われる卓球の攻撃手段です。ボールに上回転をかけることで打球が弧線を描き、初心者から上級者まで、あらゆるレベルのプレーヤーが主要な武器としています。

今回は、駆け出しプレーヤーの方に向けて、フォアドライブの打ち方の基本や練習方法を解説します。正しいフォームを覚えることは上達への近道となるので、ぜひ参考にしてください。

>>【初心者必見】卓球の基本的な打ち方紹介 ツッツキやブロックの基本姿勢

フォアドライブの打ち方

まずは、基本的な上回転のボールに対するドライブの打ち方を紹介します。手本となる動画もあるので参考にしてください。

フォアドライブの基本姿勢

打ち方の説明に入る前に、まず基本となる構えについて紹介します。足を肩幅程度に開き、少し膝を曲げ、重心を落とした姿勢から、ラケットを胸のあたりに構え、肩や肘の力は抜いてリラックスします。こうすることで、フットワークや打球の動作をスムーズに行うことができるようになります。

フォアドライブの打ち方

基本姿勢を確認したところで、次は実際のフォアドライブの打ち方を確認していきましょう。ここでは、右利きの選手を想定して打ち方を解説します。

まずは、台から1メートルくらい離れた場所に立ち、先述のような基本姿勢で構えます。このとき、左足を右足より半歩ほど前にしましょう。

ボールが来たら腰を軽くひねり、右肘を引いてバックスイングをとります。このとき、右肘が伸びないように気をつけましょう。また、振り遅れの原因となるのでバックスイングは大きく取り過ぎないようにしましょう。

ボールが自分のコートでバウンドするあたりからスイングを始めます。ラケットの面は少し外側に開き、斜め上方向にスイングします。打球時のラケットの角度は少しかぶせる程度にしてボールの斜め上にラケットが当たるようにしまし。打球するポイントはバウンドの頂点付近を狙いましょう。体の横や後ろで打球するとボールに力が伝わりづらいので、自分の体より少し前で打球することを意識するとよいでしょう。

フォロースルーはラケットが顔の前に来るくらいで止めます。そして、打球後は次のボールに対応するためにできるだけ素早く基本姿勢に戻りましょう。

フォアドライブの気をつけるべきポイント

①ボールに合わせて足を動かす
初級者が陥りがちなのが上半身のスイングに集中してしまい、足が止まってしまうという状態です。ボールは常に全く同じコースに来るわけではないので、来たボールに対して足を動かして打球する位置を微調整することが重要です。

②力を入れすぎない
強いボールを打とうとして力を入れすぎてしまうと、打球がコントロールしづらくなり、ミスが増える原因となってしまいます。また、力を入れすぎるとラケットをボールにぶつけるようなスイングになってしまい、回転がかけずらくなってしまう場合もあります。ある程度コントロールしやすく、ラリーが続く程度の力で打つのが重要です。

③体重移動を使う
初心者にありがりなのが、腕の振りだけでドライブを打とうとしてしまう、「手打ち」という状態です。手打ちでは威力を出しづらいので、右足から左足への体重移動を使って威力を出す事を意識しましょう。

下回転に対するフォアドライブ

次に、下回転に対するフォアドライブの打ち方を解説します。基本的なスイングは上回転に対するフォアドライブと同じですが、下回転を打つときは上回転のボールを打つときよりも自分から強い回転をかけることが必要になります。

従って、下回転に対してフォアドライブを打つときは、上回転を打つときよりも下から上にスイングするように意識するとよいでしょう。また、打点を少し落としてバウンドの頂点より少し後に当てるとより安定して打ちやすくなります。

フォアドライブのおすすめの練習方法

・ワンコースでドライブ対ブロック

同じコースに連続でドライブを打つ練習です。ドライブの打ち方を固めるのに効果的な練習方法です。細かく足を動かすことを意識して練習しましょう。

・コースの打ち分け

球出しをフォアに限定し、ドライブでクロスとストレート交互に打つ練習です。クロスに打つときとストレートに打つときの打球のタイミングやスイングの違いを意識して練習するといいでしょう。

・2点フットワーク

フォアとミドルに交互に球出ししてもらい、それを決まったコースにドライブする練習です。動きながらドライブを打つことでより実践的なドライブを覚えることができます。慣れてきたらフォア、ミドル、バックの3点フットワークなどにも挑戦してみましょう。

・ツッツキからドライブ

下回転に対するドライブの練習です。安定して入るようになるまでは多球練習で練習するのもよいでしょう。回転をかける感覚をつかむことで安定したドライブが打てるようになるのでたくさん練習しましょう。

まとめ

今回は卓球初心者に向けてフォアドライブの打ち方を解説しました。ドライブは最も試合で多く使われる攻撃手段なので是非この記事を参考に練習して身につけてください。

>>卓球初心者がやり込むべき3つのオススメ多球練習|頭で勝つ!卓球戦術

男子ランキング
2020.10.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt