オリンピック卓球競技・歴代優勝一覧 五輪日本代表選手の成績も掲載! | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:リオ五輪団体銀メダルを獲得した水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴/撮影:ロイター/アフロ

卓球プレーヤー向け オリンピック卓球競技・歴代優勝一覧 五輪日本代表選手の成績も掲載!

2020.01.05 文:ラリーズ編集部

2020年8月に東京五輪開幕を控え、徐々に盛り上がりを見せている卓球界。2012年ロンドン五輪では女子団体で銀メダルを獲得すると、続く2016年リオ五輪では男子団体で銀メダル、女子団体では銅メダルを獲得した。さらに水谷隼(木下グループ)がシングルスで銅メダルを獲得したことで、日本卓球界が一躍注目を浴び、東京五輪でも日本のメダル獲得への期待が高まっている。

そこで今回、これまでの五輪の個人戦、および団体戦での歴代優勝国、そして日本選手の活躍を振り返り、一覧にまとめた。

>>伊藤美誠、東京五輪代表へ 世界ランキング選考基準満たす

男女シングルス 歴代優勝者


写真:2016年シングルス優勝の馬龍(中国)/提供:ittfworld

開催年 男子シングルス 女子シングルス
1988年 劉南奎(韓国) 陳静(中国)
1992年 ワルドナー(スウェーデン) 鄧亞萍(中国)
1996年 劉国梁(中国) 鄧亞萍(中国)
2000年 孔令輝(中国) 王楠(中国)
2004年 柳承敏(韓国) 張怡寧(中国)
2008年 馬琳(中国) 張怡寧(中国)
2012年 張継科(中国) 李暁霞(中国)
2016年 馬龍(中国) 丁寧(中国)

五輪における卓球の歴史は意外にもあまり深くはない。約30年前の1988年ソウル大会から正式種目となり、迎えた第1回大会。男子シングルスの優勝は韓国の劉南奎(ユ・ナムギュ)。そして驚くべきことに中国男子はメダルを1枚も獲得していない。

中国男子が初めて五輪シングルスでメダルを獲得したのは、1992年バルセロナ大会で、馬文革(中国)が銅メダルという成績だ。しかし、その次の1996年アトランタ大会で、中国卓球のカリスマ指導者ともいわれる劉国梁(リュウグオーリャン)が優勝して以降、2004年を除いて中国が表彰台のトップに君臨し続けている。

日本男子の成績は、1996年にTリーグ・チェアマンを務める松下浩二が初めて本戦へと進むも、1回戦敗退。その後は右肩上がりに成績を上げていき、2012年ロンドン大会では岸川聖也がベスト8、2016年リオデジャネイロ大会では水谷隼が銅メダルを獲得し、日本卓球史に新たな偉業を残した。


写真:丁寧(中国)/提供:ittfworld

一方女子シングルスでは1988年以降中国が優勝を死守してきている。特に男子では見られない連覇を成し遂げた鄧亞萍(デンヤーピン・中国)や張怡寧(チャンイーニン・中国)の強さは今なお語り継がれている。

そんな中日本女子は、1996年,2000年で中国から帰化した小山ちれがベスト8に食い込むと、当時15歳にしてアテネ五輪に出場した福原愛が4回戦まで勝ち進む。また2012年には石川佳純(全農)が、2016年には福原愛がベスト4まで勝ち残り、メダル獲得まであと一歩のところまで迫っている。早くも代表権を内定させ、ワールドツアーでも多くの中国トップ選手から勝ち星を挙げている伊藤美誠(スターツ)は日本女子悲願のメダル獲得なるか期待が高まる。

>>水谷隼、30代突入で極める“オトナの戦い方” 3つの敵を倒せ

男女ダブルス 歴代優勝ペア


写真:2011年世界選手権での陳玘(写真左)・馬琳(写真右)/提供:ittfworld

開催年 男子ダブルス 女子ダブルス
1988年 陳龍燦・韋晴光(中国) 玄静和・梁英子(韓国)
1992年 呂林・王涛(中国) 鄧亞萍・喬紅(中国)
1996年 劉国梁・孔令輝(中国) 鄧亞萍・喬紅(中国)
2000年 王励勤・閻森(中国) 李菊・王楠(中国)
2004年 陳玘・馬琳(中国) 王楠・張怡寧(中国)

ダブルスは、卓球が正式種目になった1988年から2004年まで実施され、1988年女子ダブルスの優勝以外、全てのメダルを中国が獲得している。後に全日本社会人卓球選手権で優勝する陳龍燦・韋晴光(中国)はダブルスで世界の頂点に立っている。1996年には男子シングルスでも優勝していた劉国梁が、2000年男子シングルスチャンピオンになる孔令輝(コンリンホイ・中国)と組んだダブルスでも優勝し、2冠という快挙を達成している。

日本の最高成績は、男子が1996年アトランタ大会での渋谷浩・松下浩二ペアのベスト8、女子が1988年ソウル大会での星野美香・石田清美の4位となっている。

>>団体戦のダブルスは超重要!? Tリーグの試合結果から分析

男女団体 歴代優勝国


写真:2大会連続メダルを獲得した日本女子/提供:ittfworld

開催年 男子団体 女子団体
2008年 中国(馬琳・王皓・王励勤) 中国(郭躍・王楠・張怡寧)
2012年 中国(張継科・王皓・馬龍) 中国(丁寧・郭躍・李暁霞)
2016年 中国(張継科・馬龍・許昕 中国(劉詩雯・丁寧・李暁霞)

2008年北京大会から、ダブルスが実施されなくなった代わりに行われるようになった団体戦。そのトロフィーはすべて中国が独占している。団体戦が採用された最初の北京大会では、日本男子は準々決勝でドイツに敗れると、銅メダル決定トーナメントに臨んだ。しかし、銅メダル決定トーナメントでは2003年世界選手権チャンピオンのシュラガー率いるオーストリアに敗れ、5位に終わった。


写真:団体戦で中国選手に勝利した水谷隼(木下グループ)/提供:ittfworld

続く2012年ロンドン大会では準々決勝で中国香港に敗れ、2大会連続で5位に終わった。しかし2016年リオデジャネイロ大会では同じく準々決勝で中国香港にリベンジを果たすと、ティモ・ボルとドミトリ・オフチャロフを擁するドイツを下し、決勝へと進む。決勝では水谷が許昕(シュシン)をフルゲームで下すなど、中国に敗れはしたものの堂々の準優勝を果たした。

一方女子では、北京大会の銅メダル決定戦で韓国に敗れ、惜しくも4位。続くロンドン大会ではシンガポールを準決勝で下して中国に挑んだ。敗れはしたものの過去最高の銀メダルを獲得し、リオデジャネイロ大会では3位に入り、2大会連続のメダル獲得となった。

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt