【大会告知/残りわずか】"卓球の聖地"東京体育館でプレーするチャンス。P4matchがあの試合の「代替大会」を開催 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球プレーヤー向け 【大会告知/残りわずか】“卓球の聖地”東京体育館でプレーするチャンス。P4matchがあの試合の「代替大会」を開催

2022.03.13

3月19日(土)に「第74回P4代替選手権大会(兼第3回ビッグトーナメント)」が東京体育館で開催されます。

この日に当初予定されていた東京選手権は残念ながら中止となりましたが、多くの卓球プレーヤーの試合機会を設けるべく、台数と参加人数を絞り、非公式のオープン大会としてP4MATCH社が主催することになりました。

全員がレベルの近い相手と7試合できる個人戦の大会となっており、東京五輪や全日本卓球選手権などで使用された卓球の聖地でプレーする貴重な機会です。

残り枠はわずかとなっています。以下の主催者コメントも参考のうえ、エントリーしてみてはいかがでしょうか?

大会主催者コメント(P4MATCH 塚原清文さん)


東京五輪卓球競技や全日本卓球選手権の会場としても知られる東京体育館は卓球の聖地だ

今回の大会のコンセプトは大会名(第74回 P4代替選手権大会)に有るように中止になった東京選手権の代替大会(アンオフィシャル)です。

全国から多くの選手が集まる大会ということで開催が断念されましたが、東京体育館メインアリーナという舞台で試合をする機会は多くはありません。

こちらの会場で使用する台を半分以下(20 / 50)に抑え参加人数も120人に限定して密を避けた大会運営を行います。

全日本選手権の初日と同等の公式の広さで試合を体験できます。
東京体育館メインアリーナでオープン大会が開かれることは時々ありますがこの広さで出来る大会は全日本選手権以外ではあまりないではないでしょうか。

そして試合形式は自分と近い力の選手と対戦しやすいスイスドロー形式をベースにしたP4MATCHオリジナルの試合形式で強い人はもちろんそうでない人も楽しめる試合形式になっています。

東京選手権に参加されるような強い選手はもちろん、普段そのような機会が少ない選手にもぜひこの環境での試合を体験してもらいたいと思います。

大会エントリー方法

以下のP4MATCH大会ページよりお申し込み下さい。
https://p4match.com/game/game_detail.php?id=2295

P4MATCH関連記事


>>「体育館から卓球場へ」P4MATCH開発者に聞く、コロナ禍で700大会開催をサポートした方法

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt