枝廣瞳の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)/撮影:ラリーズ編集部

卓球選手紹介 枝廣瞳の使用用具・大会成績・プロフィール

2021.12.01

今回は、2021年に大学生Tリーガーとなった枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>普通のサーブよりも強力!王子サーブの由来と打ち方

>>【頭で勝つ!卓球戦術】卓球ノートの重要性と挫折せず継続させる方法

>>【頭で勝つ!卓球戦術】“練習のための練習”ではなく、“試合のための練習”を

枝廣瞳とは?

枝廣瞳は、インターハイや全日本選手権ジュニアの部、全日本学生選抜強化大会で好成績を残し、妹・愛とともに学生卓球のトップクラスの実力を持つ選手です。Tリーグ・トップおとめピンポンズ名古屋でも勝利に貢献しています。

それでは、枝廣のプロフィールについて詳しく見ていきましょう。

プロフィール

枝廣瞳は、2001年2月17日生まれの20歳(2021年11月時点)です。岡山県出身で、中学は地元の芳泉中学校に進学しました。

その後、広島県の名門・進徳女子高校に進学するとインターハイや全日本選手権ジュニアの部でも活躍していました。高校卒業後は、関西学生リーグ1部の強豪・神戸松蔭女子学院大学に進学、2020年には全日本学生選抜強化大会で女子シングルスベスト8にも輝いています。

2021年からは同じ大学の鶴岡菜月(神松女大)とともにTリーグ・トップおとめピンポンズ名古屋に所属が決まり、Tリーグではダブルスに出場して勝利を挙げています。

妹・枝廣愛は地元岡山の強豪・就実中、高に進学してインターハイでもベスト4に進出しています。

プレースタイル

枝廣瞳は右シェーク裏裏の攻撃型で、巻き込みサービスからのバックハンドドライブが特徴的な選手です。

バックハンドドライブは、ラケットの重量もありボールが重く、そして深いところに入ってくるため、枝廣の主要な得点源の1つとなっています。両ハンドプレーもうまく、相手を左右に揺さぶる攻撃で点につながています。

かつては作馬六郎氏の指導の下、王子サービスを使用していたこともありましたが、大学に進学してからは巻き込みサービスが中心となっています。

使用用具

枝廣瞳の使用用具はラケットがNittakuの「剛力」シリーズ、ラバーは同じくNittakuの『ファスタークG-1』を使用しているそうです。

「剛力」は王子サーブの生みの親・作馬六郎氏が監修したNittakuの受注生産ラケットで、その重量で注目されています。木材7枚合板でありながら重量は100g前後とラケットの中では最重量の部類に入ります。異質ラバーを貼ることを前提に重くしてありますが、裏ソフトラバーで攻撃した時の威力も並外れています。

枝廣の他、佐藤瞳(ミキハウス)や橋本帆乃香(ミキハウス)、梅村優香(中央大)が「剛力」シリーズを愛用しています。『ファスタークG-1』はトップ選手も使用する人気ラバーで、引っ掛かりが強く、回転がかけやすいラバーです。

>>剛力は超重量級卓球ラケット!? 完全受注生産で力強いスマッシュを実現!

>>ファスタークG-1の魅力に迫る 抜群の安定感で、スピンドライブならお手の物!?

世界ランキング

枝廣瞳の世界ランキングは2021年11月時点でありません。国際大会への出場に期待です。

日本国内の大会での主な成績

2020年 全日本学生選抜強化大会 女子シングルスベスト8

まとめ

妹・枝廣愛の所属する就実高の潜入動画はこちら!

>>枝廣瞳の関連記事はこちら

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt