ジョナサン・グロートの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:東京五輪団体予選のジョナサン・グロート/提供:ittfworld

卓球選手紹介 ジョナサン・グロートの使用用具・大会成績・プロフィール

2020.03.22 文:ラリーズ編集部

今回は、技術に加えてそのセンスで観客を魅了する若手実力派のジョナサン・グロート(デンマーク)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>【頭で勝つ!卓球戦術】格上の相手に勝つために有効な考え方とは

>>【初心者必見】1人でできる卓球のサーブ練習方法 6つのポイントとコツ(前篇)

>>団体戦のダブルスは超重要!? Tリーグの試合結果から分析

ジョナサン・グロートとは?

ジョナサン・グロートは、2011年からU21の部で数々の大会に出場し優勝、ヨーロッパの大会でも優勝するなど若いながらに実力を持った選手と言えます。特にダブルスでは優勝経験が多い他、取りこぼしが少ないことから“ダブルスの名手”と言えます。

プロフィール

ジョナサン・グロートは1992年11月2日生まれの27歳(2020年4月時点)です。デンマーク出身で、現在はデンマーク代表としてヨーロッパの大会から国際大会まで幅広く参戦しています。特に国際大会では、パトリック・フランチスカ(ドイツ)と組んだ国際ペアのダブルスで3度の優勝経験があります。

自身のInstagramには、試合の動画や写真から、愛する人とのツーショット写真などが投稿されていて、私生活の充実ぶりがうかがえます。こちらも動向が見逃せません。

プレースタイル

ジョナサン・グロートの戦型は左シェーク裏裏の攻撃型で、ゆっくりとしながらもしっかり回転をかけて返球するのが彼の卓球の特徴です。また、時折見せる台の横から相手コートに返球する技術にはセンスを感じさせます。

卓球選手には全員に少なからず卓球のセンスが培われ、予想外の返球が来た時にも観客を驚かすようなレシーブを見せることがあります。日本では、丹羽孝希(スヴェンソン)や伊藤美誠(スターツ)が特に、このセンスを感じさせるプレーを見せる時があります。この予想外のプレーは、試合の中で主導権を握ったり、悪い流れを断ち切るのに有効な手段ともいえます。

ジョナサン・グロートは磨かれたセンスを試合に発揮させることができる選手で、通常のプレーにも安定感があるため試合になると流れを簡単に渡さない選手と言えます。

使用用具

ジョナサン・グロートはBUTTERFLYの契約選手で、ラケットは「水谷隼 SUPER ZLC」、ラバーは両面に「ディグニクス05」を使用しています。「水谷隼 SUPER ZLC」は水谷隼(木下グループ)がプラスチックボールに対応するために監修したラケットです。

「ディグニクス」シリーズに、4月から新しく「ディグニクス09c」が加わりました。このラバーは、粘着成分を含んだトップシートに「ディグニクス」シリーズ特有のスポンジを組み合わせた“粘着性ハイテンションラバー”です。近年、粘着性テンションラバーを使用するトップ選手が増えてきています。プラスチックボールになって落ちつつあった弾みと回転量を増やすために各メーカーがこのようなラバーの開発に取り組んでいました。

それに加えて、「ディグニクス09c」はドイツの皇帝、ティモ・ボル(ドイツ)の監修のもと完成されたラバーです。さらには、ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)がこのラバーに変えたことで、中国選手とのラリーにも打ち負けることがなくなり、ドイツオープン準々決勝ではアジアチャンピオンの樊振東(ファンジェンドン・中国)に勝つ快挙を達成しています。このようにトップ選手からの評価も高く、一般の卓球選手からも期待が高まっています。

>>ディグニクス09cの紹介記事はこちら

>>ドミトリ・オフチャロフの感想動画はこちら

世界ランキング

ジョナサン・グロートの世界ランキングは28位(2020年3月時点)です。近年は2桁ランク前半を行き来しています。自身最高ランクは2018年11月の15位です。

国際大会での主な成績

2011年 オーストリアオープン U21男子シングルスベスト4
2012年 ポーランドオープン U21男子シングルスベスト4
2013年 カタールオープン U21男子シングルスベスト4
2016年 ヨーロッパ選手権 男子ダブルス優勝
2017年 韓国オープン 男子ダブルス準優勝
チェコオープン 男子ダブルス優勝
クロアチアオープン 男子シングルスベスト4
2018年 チェコオープン 男子ダブルス優勝
ヨーロッパトップ16 男子シングルス3位

まとめ

観客を魅了するプレーが国際大会で再び見ることができるのか。今後の彼の活躍に目が離せません。
>>ジョナサン・グロートの関連記事はこちら

男子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt