【卓球】ティモボルシリーズを徹底レビュー! バタフライの大人気ラケットの性能を比較 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】ティモボルシリーズを徹底レビュー! バタフライの大人気ラケットの性能を比較

2022.11.30

ドイツ代表として五輪や世界選手権など数多くの国際大会で活躍するティモ・ボル。41歳と、すでにベテランの年齢になりはしたものの衰えを見せる様子はなく、変わらず世界のトップレベルで活躍を続けています。

そんなボルをモデルにバタフライが開発したラケットが「ティモボルシリーズ」です。今回は、そんな「ティモボルシリーズ」の全ラケットの性能や特徴をレビューします。

>>ティモ・ボルの使用用具・大会成績・プロフィール

【卓球】ティモボルシリーズのラケット一覧

ラケット①:ティモボル ALC(バタフライ)

平均重量 86g
グリップ種類 FL、ST、AN
ブレード構成 5枚合板+アリレート カーボン

『ティモボル ALC』は「ティモボルシリーズ」の中で最もポピュラーなラケットです。ALC(アリレートカーボン)を搭載し、球持ちの良さと攻撃力を高水準で両立。ボル自身も使用しており、『ティモボル ALC』で数々の国際大会を制してきた、まさに「チャンピオンラケット」と言える1本です。

『ティモボル ALC』の購入はこちらから!

ラケット②:ティモボル ZLC(バタフライ)

平均重量 86g
グリップ種類 FL、ST、AN
ブレード構成 5枚合板+ZLカーボン

『ティモボル ZLC』はZLC(ZLカーボン)を搭載し、ALCよりもより威力のあるボールを打てるようになっています。しかし、安定感を損なわれていないため、攻撃力と安定感を両立しています。

『ティモボル ZLC』の購入はこちらから!

ラケット③:ティモボル ZLF(バタフライ)

平均重量 83g
グリップ種類 FL、ST、AN
ブレード構成 5枚合板+ZLファイバー

優れた弾みと軽さを兼ね備えたバタフライのオリジナル特殊素材であるZLF(ZLファイバー)を搭載しているのが『ティモボル ZLF』です。ラリー戦になっても攻守で安定性を発揮するため、攻撃も守備も疎かにしたくない選手にピッタリです。

『ティモボル ZLF』の購入はこちらから!

ラケット④:ティモボル CAF(バタフライ)

平均重量 81g(シェーク)、82g(中国式ペン)
グリップ種類 FL、ST、CS(中国式ペン)
ブレード構成 3枚合板+CAファイバー

『ティモボル CAF』は木材由来の繊維を使用したCAF(CAファイバー)を搭載することで、打球に回転量と安定性をもたらしながらも、パワフルなドライブを実現しました。初めて特殊素材ラケットを使う選手におすすめのラケットです。

『ティモボル CAF』の購入はこちらから!

ラケット⑤:ティモボル TJ(バタフライ)

平均重量 70g
グリップ種類 FL
ブレード構成 3枚合板+カーボン

一般的なラケットよりも軽量な『ティモボル TJ』は、主に10~13歳の選手におすすめのラケットです。握りやすいグリップと、振りやすいコンパクトなブレードながらも、カーボンを搭載しているためしっかりと威力のあるボールを打つことができます。

『ティモボル TJ』の購入はこちらから!

ラケット⑥:ティモボル J(バタフライ)

平均重量 72g
グリップ種類 FL
ブレード構成 5枚合板

ティモボルシリーズで唯一の特殊素材の入っていない木材合板ラケットである「ティモボル J」は、その名の通りジュニア用の入門モデルです。『ティモボル TJ』と同じく子どもでも握りやすいグリップと振りやすいコンパクトなブレードは、これから卓球を始める4~9歳の子どもに合わせて設計されています。

『ティモボル J』の購入はこちらから!

まとめ:ティモボルシリーズのラケットで勝利を掴もう!

いかがでしたでしょうか。今回は「ティモボルシリーズ」のラケットをレビューしてみました。ドイツ代表選手が使うラケットを、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

その他のおすすめラケットはこちら!

>>卓球ラケット30種類 メーカー別おすすめ一覧【最新版】

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt