面田采巳の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:面田采巳(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

卓球選手紹介 面田采巳の使用用具・大会成績・プロフィール

2021.08.31

今回は、Tリーグ・九州アスティーダの初期メンバーとなることが決定した面田采巳(四天王寺高)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>今さら聞けないTリーグの基礎知識

>>【初心者必見】ストップの対処と封じ方|卓球基本技術レッスン

>>【頭で勝つ!卓球戦術】格上の相手に勝つために有効な考え方とは

面田采巳とは?


写真:面田采巳(四天王寺高校)/撮影:ラリーズ編集部

面田采巳は、小学生の時から全国大会上位進出の経験があり、四天王寺高でも主力メンバーの1人として活躍している期待の若手です。全中や全日本カデットでは上位進出、高校総体では団体の連覇に貢献した選手として注目を浴び、横井咲桜(四天王寺高)とともにTリーグの新チーム・九州アスティーダの一員として4thシーズンに参戦することが決まっています。

一般の選手顔負けの威力を誇るドライブと、止まることのない連続攻撃を武器に勝ち続ける面田采巳のプロフィールについて詳しく見ていきましょう。

プロフィール

面田采巳は2004年4月7日生まれの17歳(2021年9月時点)です。兵庫県出身で、小学生の時には卓栄Kid’sに所属して全日本選手権バンビの部で6位となっています。

中学からは学生の強豪である四天王寺へと進み、全日本選手権化カデットの部や全国中学校卓球大会で上位に入賞すると、高校でもそのまま成長を続け団体の連覇に貢献しました。2021年の大阪の国体予選では少年女子の部で、7名のうち4名が四天王寺勢となる中で優勝を飾りました。


写真:面田采巳(四天王寺高校)/撮影:ラリーズ編集部

同年には、Tリーグの新設チーム・九州アスティーダに加入して4thシーズンに参戦することが決まっています。同じチームには面田、横井のほかに、佐藤瞳(ミキハウス)や橋本帆乃香(ミキハウス)、海外からは若手の申裕斌(シェンユービン・韓国)や金可英(キムハヨン・韓国)と実力者が集っています。

>>卓球女子「九州アスティーダ」誕生へ Tリーグ開幕以来の新チーム

プレースタイル

面田采巳のプレースタイルは右シェーク裏裏の攻撃型で、中国選手のような両ハンドの強烈なドライブと前陣攻撃が特徴の選手です。


写真:面田采巳(四天王寺高校)/撮影:ラリーズ編集部

面田のほか、大藤沙月や横井咲桜といった四天王寺高校の選手に共通してみられるのが、威力のある攻撃とその連続性です。隙を突くときは威力を最大限に引き出したドライブを、そうでないときにも質の高いドライブを両ハンドで放つことができるため、相手が防戦に入らざるを得なくなり自らの得点へとつなげています。中でも面田は連続攻撃が得意で、強烈なドライブで相手を台から下げるとそのまま前陣で相手の球を捌き続けることができます。

面田のもう1つの特徴は、バックハンドの打点の早さです。ボールのバウンド直後を狙うことで、相手の体勢が整う前に返球することができます。高速のラリーの中でもコースを打ち分けて相手を揺さぶり、その打点の早さで相手のミスを誘います。

使用用具

面田采巳の使用用具は、ラケットにBUTTERFLYの『インナーフォースレイヤー ZLC』、バック面に「ディグニクス」シリーズを使用しているそうです。2021年3月の全国高校選抜の際には『張継科 ZLC』を使用していました。


写真:面田采巳(四天王寺高校)/撮影:ラリーズ編集部

「ZLカーボン」はBUTTERFLYの特殊素材の中でもよく弾む部類であるため、アウターかインナーかで大きく異なります。アウタータイプにすることで、打球の弾みを最大限まで引き出すことができます。ラバーの回転と組み合わさることで、威力のある打球を可能にします。一方でインナータイプにすることでスピード性能とともに木材特有の安定感を引き立たせることができます。

スピードも欲しいけれど、ドライブや台上技術の操作性も捨てがたい選手には『インナーフォースレイヤー ZLC』をはじめとするインナータイプが、スピードと威力を最大限まで引き出したい選手には『張継科 ZLC』をはじめとするアウタータイプがあっているといえます。

>>バタフライの卓球ラケットおすすめ17選 新作モデルやペンホルダーも紹介

世界ランキング

面田采巳の世界ランキングは2021年9月時点でありません。

主要大会での主な成績

2021年 全日本選手権 ジュニア女子シングルスベスト8
大阪国体予選 少年女子シングルス優勝
高校総体 女子団体優勝

まとめ

強烈な威力を誇る攻撃で常に上位に立ち続ける期待の若手が、日本国内や国際大会でも上位に上り詰めることができるのか。今後の彼女の活躍に期待がかかります。

>>面田采巳の関連記事はこちら

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt