ゲオルギナ・ポータの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ゲオルギナ・ポータ/提供:ittfworld

卓球選手紹介 ゲオルギナ・ポータの使用用具・大会成績・プロフィール

2020.04.01 文:ラリーズ編集部

今回は、シングルス、ダブルスともに世界トップレベルを維持し、ハンガリー代表を支えるゲオルギナ・ポータ(ハンガリー)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>【頭で勝つ!卓球戦術】リードしてから逆転されずに勝ちきる為の3つの方法

>>プロ卓球選手から国公立大学の選手までこだわりの用具紹介はこちら

>>プレイしている時間は2割。残りの8割は「掛け声」「表情」を見るべし

ゲオルギナ・ポータとは?

ゲオルギナ・ポータは、2013年から国際大会で徐々に頭角を現してきた選手です。2014年からは国際大会でタイトルを獲得するようになり、2017年にはEKHOLM Matilda(ハンガリー)と組んだダブルスでも次々と優勝を飾るなど、安定した実力を持ち続けている選手です。

プロフィール

ゲオルギナ・ポータは、1985年1月13日生まれの35歳(2020年4月時点)です。ハンガリー出身で、ドイツのクラブチーム、ベルリン・イーストサイドに所属し、ヨーロッパチャンピオンズリーグに参戦していました。2019/2020シーズンは、ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)やユ・フ(ポルトガル)らとともに、チームのプレーオフ進出に貢献しました。

また、ハンガリー代表としても女子団体での取りこぼしは少なく、2019年のヨーロッパ競技大会では女子団体でハンガリー代表をベスト4に導いています。

自身のInstagramには、プライベートな写真はもちろん、チームメイトと笑顔で写った写真も多く私生活の充実ぶりがうかがえます。こちらも見逃せません。

プレースタイル

ゲオルギナ・ポータの戦型は右シェーク裏裏の攻撃型で、バックハンドサーブからのバックハンド攻撃が特徴です。また、上から叩くように振る両ハンドの攻撃も威力は高いです。

女子の選手は男子の選手よりも比較的身長が低いため、少し浮いた球でもスマッシュを用いることがあります。それ故に、女子の選手のほとんどはスマッシュとドライブの使い分けがとてもうまいです。基本的に前陣で戦うことの多い女子の高速卓球において、回転量やスピードに差があるスマッシュとドライブを使い分けることができるのは、それだけで1つの武器になります。

ゲオルギナ・ポータもまた、この使い分けが得意な選手の1人です。特にカットマンに対しては、この2種類を徹底的に使い分けることで相手を苦しめています。それに加えて、対上回転に対するバックハンドドライブの回転は強烈でしばしば相手がブロックのオーバーミスをすることがあります。

使用用具

ゲオルギナ・ポータの使用用具は、ラケットがJOOLAの「TPE ファイト」、ラバーはフォア面にJOOLAの「エクスプロード」、バック面にBUTTERFLYの「テナジー64」を使用しているそうです。

フォア面の「エクスプロード」は、JOOLAが開発した最新のスピン系テンションです。ゲオルギナ・ポータはこのラバーによってフォアハンドの強力な攻撃を可能にしています。バック面の「テナジー64」は「テナジー」シリーズの中では柔らかく、スピード重視のラバーになっています。

世界ランキング

ゲオルギナ・ポータの世界ランキングは49位(2020年3月時点)です。2007年から2桁ランク上位をキープし続けています。最高ランクは2015年1月の14位です。U21のランキングでは最高8位と1桁にまで上るほど、若い頃から実力を持ち合わせていた選手です。

国際大会での主な成績

2012年 スウェーデンオープン 女子シングルスベスト4
2013年 USオープン 女子シングルスベスト4
チェコオープン 女子シングルスベスト4
2014年 女子ワールドカップ 女子シングルス4位
ベルギーオープン 女子シングルス優勝
グランドファイナル 女子シングルスベスト4
2016年 ベルギーオープン 女子シングルス優勝
2017年 ハンガリーオープン 女子ダブルス準優勝
インドオープン 女子ダブルス優勝
スロベニアオープン 女子ダブルス優勝
ブルガリアオープン 女子ダブルス準優勝
チェコオープン 女子ダブルス準優勝
2018年 スペインオープン 女子シングルスベスト4
クロアチアオープン 女子ダブルス準優勝
2019年 スロベニアオープン 女子シングルス優勝

まとめ

ハンガリー代表を引っ張る大黒柱が、今後も国際大会で上位に上がってくるのか。今後の彼女の活躍に注目です。
>>ゲオルギナ・ポータの関連記事はこちら

男子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt