ベルナデッテ・スッチの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
ベルナデッテ・スッチの使用用具・大会成績・プロフィール

写真:ベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)/提供:ittfworld

卓球選手紹介 ベルナデッテ・スッチの使用用具・大会成績・プロフィール

2019.08.27 文:ラリーズ編集部

2018年ヨーロッパトップ16で優勝、2019年ヨーロッパトップ16では準優勝を果たし、その可憐なルックスでも注目されるルーマニアの主力プレイヤー、ベルナデッテ・スッチ選手を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても紹介します。

2019年11月の世界ランキングは18位、ヨーロッパのトップランカーであり、東京オリンピックでも活躍が期待されるスッチ。今回は、そんなスッチのプロフィールを見ていきましょう。

>>【卓球】「英雄」サムソノフ、「美女」スッチが渋谷に 150人と熱戦ラリー

>>美女卓球選手・スッチ、ピンク色ラバーを初お披露目 “可愛い”と話題に

>>手練れ揃いの欧州女子 Tリーグ参戦の実力者も|東京五輪ライバル国特集

スッチとは?

ベルナデッテ・スッチは、2009年ごろからジュニア大会で成績を残し始め、2017年のヨーロッパ選手権では主力選手の1人として、ルーマニアを団体優勝に導きました。2018年のヨーロッパトップ16では悲願のシングルス優勝を果たし、ヨーロッパの強豪として世界に名を知らしめたスッチ。

その可憐なルックスでも注目を浴び、「ルーマニアの妖精」と呼ばれることもあるスッチのプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

ベルナデッテ・スッチは、1995年生まれの24歳(2019年11月現在)。2017年に、チームをヨーロッパ選手権団体戦で優勝に導いたルーマニアの主力選手の1人で、2019年11月の世界ランキングも18位と、ヨーロッパの強豪として存在感を見せいています。

スッチが世界から初めて注目を浴びたのは、2009年の世界ジュニア選手権。14歳にしてシングルスでベスト8に入り、その華やかなルックスも相まって、欧州の超新星としてその名を轟かせました。

その後、世界ジュニア選手権では、ダブルスで2011年、12年で2大会連続3位、シングルスで2012年、13年で2大会連続ベスト8と、安定した成績を残しました。

シニアでは、2016年のヨーロッパ選手権、ミックスダブルスで3位になると、翌年の2017年ヨーロッパ選手権団体戦では、ガッツ溢れるプレーでルーマニアチームを牽引。見事チームを優勝に導きました。

さらに、ヨーロッパのトップ選手が集まるヨーロッパトップ16では、2018年に初優勝。2019年にも準優勝を果たし、2019年11月の世界ランキングは18位と、アジアの強豪ひしめく中、ヨーロッパ選手として別格の存在感を見せています。

プレースタイル

スッチの戦型は、右シェーク裏裏ドライブ型で、バランスのとれた両ハンドでのラリー戦を得意とします。また、フラット系の打法も上手く、ラリー中にドライブとスマッシュを織り交ぜ相手を攻略していきます。

華やかな外見とは裏腹に、試合では1本1本声を出し粘り強く戦うプレイヤーです。先日行われたワールドカップ団体戦準々決勝でも、日本の伊藤美誠(スターツ)相手に、アウェイの中ガッツ溢れるプレーを披露。伊藤の多彩なプレーの前に敗れはしたものの、しゃがみ込みサーブから両ハンドドライブという持ち味を存分に発揮しました。

使用用具

スッチの使用ラケットはTIBHAR(ティバー)のサムソノフフォースプロ ブラックエディションで、ラバーはフォア面にエボリューションMX-P、バック面にエボリューションEL-Pを使用しているようです。

世界ランキング

スッチは、2017年11月の世界ランキングでは49位、2018年3月には27位、2018年11月には19位と近年になってその順位を上げていき、2019年8月には自身最高順位である14位を記録しています。2019年11月時点の世界ランキングは18位と、世界のトップ20をコンスタントに維持しています。

国際大会での主な戦績

2012年 世界ジュニア選手権 シングルスベスト8 ダブルス3位
2013年 世界ジュニア選手権 シングルスベスト8 ダブルス3位
2016年 ヨーロッパ選手権 ミックスダブルス3位
2017年 ヨーロッパ選手権 団体戦優勝
2018年 ヨーロッパトップ16 シングルス優勝
2019年 ヨーロッパトップ16 シングルス準優勝

まとめ

今回は、美貌と実力を兼ね備えたルーマニアの主力プレイヤー、スッチ選手を紹介しました。ヨーロッパのトップ選手の1人として、東京オリンピックでも活躍が期待されます。まだ24歳と若く、日本選手とも今後何度も対戦するであろうスッチ。彼女の活躍に、今後も要注目です。

男子ランキング
2020.10.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt