【卓球】張本智和シリーズを徹底解説! 日本代表エースモデルのラケットの性能とは? | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】張本智和シリーズを徹底解説! 日本代表エースモデルのラケットの性能とは?

2023.05.02

日本代表として五輪や世界選手権など数多くの国際大会で活躍している張本智和。10代から頭角を現し、現在19歳にして世界ランキング2位と、名実ともに日本のエースとなりました。

そんな張本智和をモデルにバタフライが開発したラケットが「張本智和シリーズ」です。今回は、そんな「張本智和シリーズ」の全ラケットの性能や特徴を徹底レビューします。

>>張本智和の使用用具・大会成績・プロフィール

【卓球】張本智和シリースのラケット一覧

ラケット①:張本智和 インナーフォース ALC(バタフライ)

平均重量 87g(シェーク)、85g(中国式)
グリップ種類 FL、ST、AN、CS(中国式)
ブレード構成 インナーファイバー5枚合板+アリレートカーボン

『張本智和 インナーフォース ALC』は、適度な弾みと「ボールをつかむ感覚」を併せ持った『インナーフォース レイヤー ALC』をベースにしたラケットです。『インナーフォース レイヤー ALC』よりもブレードのサイズをわずかに大きくしたことで、より攻撃的なプレーを可能にしています。

ラケット②:張本智和 インナーフォース ZLC(バタフライ)

平均重量 84g(シェーク)、84g(中国式)
グリップ種類 FL、ST、AN、CS(中国式)
ブレード構成 インナーファイバー5枚合板+ZLカーボン

『張本智和 インナーフォース ZLC』は、『インナーフォース レイヤー ZLC』をベースにしたラケットで、ブレードのサイズをわずかに大きくなっています。チキータやカウンタードライブなど、前中陣での攻撃的なプレーを目指す選手におすすめの1本です。

ラケット③:張本智和 インナーフォース SUPER ZLC(バタフライ)

平均重量 88g(シェーク)、88g(中国式)
グリップ種類 FL、ST、AN、CS(中国式)
ブレード構成 インナーファイバー5枚合板+スーパーZLカーボン

『張本智和 インナーフォース SUPER ZLC』は、バタフライのインナーファイバー仕様のラケットの中で最も反発力が高いラケットで、インナーファイバー仕様のスーパーZLカーボンラケットの第1号モデルでもあります。ボールを掴む感覚を求めつつ、打球の威力も重視したい選手におすすめです。

まとめ:張本智和シリーズのラケットで勝利を掴もう!

いかがでしたでしょうか。今回は「張本智和シリーズ」のラケットをレビューしてみました。日本代表選手が使うラケットを、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

「張本智和」シリーズ以外のおすすめラケットはこちら!

>>卓球ラケット30種類 メーカー別おすすめ一覧【最新版】