【卓球】イリウスSとイリウスBを徹底比較! バタフライの新作粒高ラバーの性能とは? | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】イリウスSとイリウスBを徹底比較! バタフライの新作粒高ラバーの性能とは?

2022.12.02

「イリウスシリーズ」は、2021年にバタフライから発売された粒高ラバーシリーズです。バタフライの粒高ラバーと言えば、「フェイントシリーズ」が有名ですが、果たして「イリウスシリーズ」はどのような性能があるのでしょうか。今回は、そんな「イリウスシリーズ」のラバー『イリウスS』と『イリウスB』の性能や特徴をレビューします。

ラバー①:イリウスS(バタフライ)

スポンジ硬度 45
スポンジ厚 ウス、ゴクウス、超ゴクウス
スピン 4.25

『イリウスS』は、ルール限界のツブ形状比率に設計された硬めのシートと、バタフライが開発した「アブソーバー スポンジ ヘビー」を組み合わせた粒高ラバーです。ナックルを出しやすさと、強打の抑えやすさ、低くて回転量の多いカットのやりやすさが特徴で、ラリーの安定性と、回転量の違いを生かすカット主戦型の選手におすすめです。

『イリウスS』の購入はこちらから!
『イリウスS 超ゴクウス』の購入はこちらから!

ラバー②:イリウスB(バタフライ)

スポンジ硬度 48
スポンジ厚 ウス、ゴクウス、超ゴクウス
スピン 4

『イリウスB』は、ルール限界のツブ形状比率に設計された硬めのシートと、バタフライが開発した「アブソーバー スポンジ ドロップ」を組み合わせた粒高ラバーです。カットブロックや、鋭いナックル性のプッシュなど、粒高ラバーらしい独創的な攻守において高い性能を発揮します。

『イリウスB』の購入はこちらから!
『イリウスB 超ゴクウス』の購入はこちらから!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は『イリウスS』と『イリウスB』を紹介しました。みなさんもぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

その他のおすすめラバーはこちら!

>>【卓球】粒高ラバーおすすめ10選 ペン粒やカットマンに向いているラバーを紹介

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt