【卓球】リーンフォースシリーズを徹底解説! ヤサカの人気ラケットの性能を比較 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】リーンフォースシリーズを徹底解説! ヤサカの人気ラケットの性能を比較

2022.12.02

「リーンフォースシリーズ」とは、ヤサカから発売されているラケットシリーズの一つで、木材のコントロール性能と特殊素材の反発力を合わることで、プレイヤーの打球に威力と安定性を与えます。

今回は、そんな「リーンフォースシリーズ」の全ラケットの性能や特徴を徹底レビューします。

【卓球】リーンフォースシリーズのラケット一覧

ラケット①:リーンフォースHC(ヤサカ)

平均重量 87g
グリップ種類 FL
ブレード構成 5枚合板+UDカーボン2枚

『リーンフォースHC』は、硬質な「UDカーボン」を搭載し球離れが早くなったことで、「リーンフォースシリーズ」最速を実現したラケットです。回転より打球のスピードを求める選手におすすめです。

『リーンフォースHC』の購入はこちらから!

ラケット②:リーンフォースSI(ヤサカ)

平均重量 85g
グリップ種類 FL
ブレード構成 5枚合板+カーボン2枚

『リーンフォースSI』は、軽打時には木材ラケットのような球持ちと使い易さを、強打時にはカーボンらしいパワフルな打球になるラケットです。台上技術でチャンスを作って攻めていきたい選手におすすめです。

『リーンフォースSI』の購入はこちらから!

ラケット③:リーンフォースAC(ヤサカ)

平均重量 87g
グリップ種類 FL
ブレード構成 5枚合板+アラミドカーボン2枚

『リーンフォースAC』は、高い反発力と柔らかい打球感を持つアラミドカーボンを搭載したラケットです。安定性を保ちつつも威力のあるボールを打つことが出来るため、攻守のバランスを追求したい選手におすすめです。

『リーンフォースAC』の購入はこちらから!

ラケット④:リーンフォースLT(ヤサカ)

平均重量 82g
グリップ種類 FL
ブレード構成 5枚合板+カーボン2枚

『リーンフォースLT』は、「フリースカーボン」を採用することで、威力と扱いやすさを両立させたバランス型のラケットです。軽量で硬すぎない打球感を実現しており、初めて特殊素材入りラケットを使う人でも、十分に扱いやすい1本です。

『リーンフォースLT』の購入はこちらから!

まとめ:リーンフォースシリーズのラケットで勝利を掴もう!

いかがでしたでしょうか。今回は「リーンフォースシリーズ」のラケットをレビューしてみました。みなさんもぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

その他のおすすめラケットはこちら!

>>卓球ラケット30種類 メーカー別おすすめ一覧【最新版】

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt