芝田有里(敦賀高)の用具紹介|俺の卓球ギア#101 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:芝田有里(敦賀高)の卓球ギア/提供:本人

卓球用具紹介 芝田有里(敦賀高)の用具紹介|俺の卓球ギア#101

2021.04.09 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)

卓球人のこだわりグッズを紹介する「俺の卓球ギア」。

第101回となる今回は、全国高校選抜卓球大会の女子シングルス2部で優勝した芝田有里(しばたゆり・敦賀高校)の卓球ギアを紹介する。

>>国公立大学からプロ選手まで!用具や愛用品を紹介する企画「俺の卓球ギア」はこちら

芝田有里の卓球ギア


写真:芝田有里(敦賀高)の卓球ギア/提供:本人

戦型
 右シェーク裏表カット主戦型
ラケット
 インナーシールドレイヤーZLF(ST・バタフライ)
ラバー
 フォア:エボリューションMX-P(1.7mm・TIBHAR)
 バック:クリッター(中・コクタク)
ユニフォーム
 敦賀高のユニフォーム
こだわりのもの
 タオル
 クマのキーホルダー
※ギアは2021年4月時点のもの

全国選抜シングルス2部優勝のカットマン

クラブチームで卓球を教えていた父親について行ったことから、芝田の卓球人生は幕を開けた。クラブチームで練習を始めた小1のときは、攻撃型だった。しかし、小4のときに「チームに1人カットマンがいると良い」と当時の監督が考え、ツッツキが良く切れていた芝田に白羽の矢が立ち、カットマン人生がスタートした。


写真: 芝田有里(敦賀)/撮影:ラリーズ編集部

地元福井県の小浜第二中では、2019年に全国中学校体育大会に出場し、シングルスベスト32の成績を残した。個人としては上々の結果を残したが、団体戦では不完全燃焼に終わった。

中学3年生の夏の大会の団体戦での試合は、負けてしまったけれど、卓球人生のターニングポイントです。このままでは終われないという気持ちになり、さらに卓球を続けて上を目指そうと思うきっかけになりました」。


写真: 芝田有里(敦賀)/撮影:ラリーズ編集部

芝田は敦賀高に進み、卓球を続け、腕を磨いた。芝田の努力が実ったのは、2021年3月に行われた全国高校選抜卓球大会だ。この大会で落としたゲームは、決勝での1ゲームのみと完璧な戦いぶりを見せ、女子シングルス2部で見事優勝に輝いた。


写真:芝田有里(敦賀)/撮影:ラリーズ編集部

カットと攻撃のバランスで日本一に

芝田は、自らのプレースタイルをこう説明する。

「できるだけ前~中陣に位置してのツッツキ、カットの変化でミスを誘います。また、相手や状況によって、守備と攻撃のバランスを考えています」。全国選抜でもカットだけでなく、要所で見せる鋭いスマッシュで得点を奪い、優勝まで駆け上がった。


写真: 芝田有里(敦賀)/撮影:ラリーズ編集部

芝田の使用用具は、インナーシールドレイヤーZLF(ST)にフォア:エボリューションMX-P(1.7mm)、バック:クリッター(中)だ。

中2の秋に落ち着いたというこの用具の組み合わせについては「ラケット、ラバーともに回転をかけやすく、フォアは適度な反発で攻撃もできる」と語る。「クリッターは、インターネットで監督がたまたま見つけたのを試しに使ってみました。初めは扱いにくいと思ったが、使い込んでいけばなんか良さそうとも感じた」と使用を続けている。


写真: 芝田有里(敦賀)/撮影:ラリーズ編集部

次は団体での活躍を目指す

芝田の愛用品となる“ギア”はタオルとクマのキーホルダーだ。

「このタオルは大会で必ず使うタオルです。試合でこのタオルを使うと気持ちが入ります。クマは大会に必ず持って行っているお守りのようなもの。見ると落ち着き冷静になることができます」と試合には欠かせないものとなっている。


写真: 芝田有里(敦賀)/撮影:ラリーズ編集部

今後の目標としては「団体でさらに自分らしいプレーをしてチームにいい流れを呼び寄せたい」と力強く語った。シングルスで日本一に輝いた芝田が団体でもチームを勝利に導けるか。今後の活躍から目が離せない。


写真:芝田有里(敦賀)とベンチに入った坂田耕監督/撮影:ラリーズ編集部

【連載】俺の卓球ギア

>>【連載】俺の卓球ギアはこちら

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt