【卓球動画】世界卓球2日目!日本男子残るは戸上隼輔のみ 女子は全5選手が3回戦へ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球動画 【卓球動画】世界卓球2日目!日本男子残るは戸上隼輔のみ 女子は全5選手が3回戦へ

2021.11.25

▼チャンネル登録はこちら▼

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

24日、世界選手権は2日目を迎え、男女シングルス2回戦と男女ダブルスの1回戦が行われた。

日本代表は男子シングルスで波乱が起きた。第2シードの張本智和(木下グループ)は2回戦でヤコブ・ディアス(ポーランド)に3-4で惜敗し、初戦敗退となった。また、丹羽孝希(スヴェンソン)がダニエル・ハーベソン(オーストリア)に、森薗政崇(BOBSON)が黄鎮廷(ウォンチュンティン・中国香港)に敗れ、2回戦で姿を消した。一方、戸上隼輔(明治大)はロベルト・ガルドシュ(オーストリア)に対し超攻撃卓球で主導権を握り、4-1で勝利した。

女子シングルスで日本代表は全員が2回戦へ出場、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、早田ひな(日本生命)は初戦を迎えたが、3選手とも4-0のストレートで勝利した。また平野美宇(日本生命)も4-0、芝田沙季(ミキハウス)はブリット・エーラント(オランダ)とのフルゲームの激闘を制し、5名全員が3回戦へ進んだ。

動画はこちら

YouTubeチャンネル登録はこちらから

特集・なぜ世界選手権は特別なのか

>>”史上初”アメリカ開催決定の裏側 世界選手権には卓球人たちの心意気が詰まっていた

>>国際卓球連盟CEOに聞く「チケット22,000枚即売のワケ」と「82年ぶり新天地開催の意義」

>>「床が水平じゃない!?」「開幕直前のボール調整…」世界選手権の舞台裏秘話

大会報道記事

>>世界卓球ヒューストン大会報道記事はこちら

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt